白内障の原因

主な原因としては加齢によるものが多く、一般的には老人性白内障と呼ばれています。 加齢に伴う変化に加え、紫外線や生活習慣により、皮質の混濁、核の硬化などが進行します。 初期の頃は自覚症状はほとんどありませんが、瞳孔を開く検査(散瞳検査)で水晶体を診察すると、早い人では40代から、80代では大部分の人で白内障が発見されます。

その他の原因として、先天的なもの、外傷・アトピーによるもの、薬剤・放射線によるもの、そして他の目の病気(炎症)に続いて起こるものなどが挙げられます。水晶体が濁り始めると、水晶体で光が散乱するため、霞んだり、物が二重に見えたり、まぶしく見えるなどの症状が出現し、進行すれば視力が低下し、眼鏡でも矯正できなくなります。

白内障の予防

紫外線は細胞の酸化を促進し白内障を誘発させますので、サングラスを掛けるなどして紫外線から眼を守るようにしてください。その他、偏食・運動不足・喫煙・ストレスも白内障発症の原因となることがありますので、生活習慣を見直すことも必要です。

また、抗酸化栄養素であるビタミンCの摂取が白内障発症を予防するとも言われています。

当院の白内障治療

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加