神戸神奈川アイクリニックは、厚生労働省から認定を受けた「先進医療の認定施設」です。

厚生労働省による先進医療認定施設

先進医療とは、厚生労働大臣が保険適用外の先端的な医療技術と保険診療との併用を一定の条件を満たした施設のみに認める医療制度です。
術前術後の診察等に保険が適応されるだけでなく、民間の生命保険の『先進医療特約』の対象となり、先進医療の技術に係る費用と同額が給付されます。

先進医療に認定されていない医療機関で治療を受けた場合は、先進医療とはみなされません。全てが公的医療保険の対象外となりますので、全て自己負担となります。

費用負担

レンズの種類多焦点眼内レンズ
先進医療対応
多焦点眼内レンズ単焦点眼内レンズ
手術費用自己負担(※1)自己負担保険適応(※2)
(1〜3割の負担)
検査・審査・薬代等保険適応
(1〜3割の負担)
自己負担保険適応
(1〜3割の負担)

※1)生命保険・医療保険に、先進医療の費用負担位に備えるため、「先進医療特約」があります。手術を受けられる方が、先進医療特約に加入されていると、先進医療の技術に係る費用が全額給付され、経済的な負担を大きく軽減することができます。詳しくは現在、ご加入されている保険会社へお問合せください。

※2)単焦点眼内レンズでも一部保険適応とならないレンズがあります。当院では現在、単焦点眼内レンズのオペは自費のみの対応となっております。

※ 診断書の作成には一通5,000円(税込)の手数料が掛かります。また、診断書以外の作成(入院・通院証明書など)が必要な場合は、3,000円(税込)の手数料にて承っております。予めご了承ください。

見え方の違い

多焦点眼内レンズの見え方(遠近)
単焦点眼内レンズの見え方(遠方)
先進医療対応「多焦点眼内レンズ」手術費用
料金 両眼88万円
レンズ画像

テクニスマルチフォーカルレンズ

※ 術前術後の検査・診療・薬代等は保険診療になります。

遠近両用白内障手術では国内症例数トップクラス

「遠近両用白内障手術」における症例数は国内トップクラスを誇ります。当院では、レーシックなどのレーザーによる視力回復手術の経験のみならず、白内障手術や緑内障手術の経験も豊富に積んだ眼科専門医が執刀を行います。高度な医療技術が要求される「遠近両用白内障手術」は、国内トップクラスの症例数を誇る当院にお任せください。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加