神戸神奈川アイクリニックでは、安全性を重視し、厚生労働省認可のレーザーを導入し、万全の体制を整えています。

各種医療機器について

医療機器1|ビジックス・スター S4 IR®

アメリカAMO社製 ビジックス・スター S4 IR® アメリカAMO社製
ビジックス・スター S4 IR®

当院で使用しているアメリカ・AMO社(旧ビジックス社)の視力回復用エキシマレーザー・ビジックスは、数あるエキシマレーザー機器の中でも、FDA(アメリカ食品医薬品局)より1989年にいち早く承認を受け、その後幾度も改良を重ねながら常にレーザー業界を先導してきました。現在もアメリカ国内で73.6%のシェアを誇ります(米国白内障学会2010調べ)。日本でも、その安全性と効果が認められ、2000年に厚生省(現厚生労働省)の認可を受けています。

当院で使用している最新型レーザーである「ビジックス・スターS4IR®」は、1988年にビジックスが開発されてから、7世代目の機器となり、エキシマレーザーの進化にともない、術後成績も向上するという結果が出ており、2008年3月にはその効果と安全性が認められ、レーシック用のレーザーとして承認を受けています。
またこのレーザーは、一人ひとりの眼に合わせたオーダーメイド照射ができるため、ハロー・グレア(主に夜間、光がにじんで見えたり、まぶしく感じること)を軽減させ、夜間の見え方を向上させたい方、見え方の質にこだわりたい方に適しています。

ビジックス・スター S4 IR®の高度な技術について

関連診療

医療機器2|iFSフェムトセカンドレーザー

アメリカAMO社製 iFSフェムトセカンドレーザー アメリカAMO社製
iFSフェムトセカンドレーザー

当院で使用しているフラップ(レーシックの際につくるフタの部分のこと)作成用レーザーは、アメリカAMO社製の「iFS フェムトセカンドレーザー(iFS Femtosecond Laser)」です。

従来のレーシックはマイクロケラトーム(一般的なレーシックで使用されるフラップを物理的な刃=専用自動メスによって作成する機器)でフラップを作っていましたが、近年はコンピュータ制御されたレーザーでフラップを作るのが主流です。レーザーの登場によりフラップの厚みや角度、フラップを支える部分(ヒンジ)の位置などを一人ひとりに合わせてオーダーメイドすることができ、従来のマイクロケラトームと比べ、より安全で精度の高い治療が可能になりました。

AMO社(旧イントラレース社)のフラップ作成用レーザーは、数あるレーザーの中でも、いち早くFDA(米国食品医薬品局)の承認を受けました。その後改良を重ね、現在の「iFSフェムトセカンドレーザー」は5世代目の機器となります。現在でもアメリカ国内では59.3%のシェアを誇ります(米国白内障学会2010調べ)。またフラップ作成用レーザーでは国内で唯一厚生労働省の承認を受けています。

「iFSフェムトセカンドレーザー」は、従来使用していたFS60の上位機種。照射精度の向上によりフラップの強度や見え方の質がさらに改善され、より短時間で安全な手術が可能になりました。

※2011年に安全性の高さを厚生労働省に承認されています。

iFSフェムトセカンドレーザーの特長について

関連診療

医療機器3|ウェーブスキャン・ウェーブフロント®

ウェーブスキャン・ウェーブフロント® ウェーブスキャン・ウェーブフロント®

「ウェーブスキャン」という機器は、「プレミアムアイレーシック®」や「カスタム エピレーシック」といった術式などのオーダーメイドプランを行うために、一人ひとりの眼のデータを測定して解析する検査機器です。他社の機器に比べ解析能力が非常に高く、一人ひとりの角膜に合わせたオーダーメイドの照射プログラムを作成します。

散瞳(さんどう。疾患、薬物、外傷によって瞳孔が過度に拡大する現象)の必要がなく、瞳孔(どうこう。黒目と呼ばれる光が通る穴のこと)が正円でない場合でも計測可能なので、お客様のストレス軽減や手術の適応範囲を広げることができます。お客様一人ひとりの虹彩(こうさい。眼球の黒目部分、瞳孔の外側にある円状の部分のこと)模様を認識して機器に記録することができるため、安全性をさらに高められます。

ウェーブスキャン・ウェーブフロント®の高度な技術について

関連診療

医療機器4|エピケラトーム

エピケラトーム エピケラトーム

近視の度数に対して角膜が薄い。眼に強い衝撃が想定される格闘技。このような理由でレーシックを受けられない方でも、「エピレーシック」という術式であれば、視力回復手術が可能です。
「エピレーシック」では、「エピケラトーム」という専用医療器具によって角膜の上皮を取り除きます。角膜上皮細胞は再生され、レーシックのようなフラップ(レーシックの際につくるフタの部分のこと)は残りません。

当院では、「エピレーシック」と同じ表面照射(surface ablation)に分類される手術方式である「ラセック」での実績をもとに検討を重ね、国内初導入のスイスZiemer社製 アマデウスII(AMADEUS II)などをエピケラトームとして採用しています。

関連診療

医療機器5|マイクロケラトーム

日本ニデック社製 マイクロケラトーム MK-2000 日本ニデック社製
マイクロケラトーム MK-2000

レーシックの手術手技において、フラップ(レーシックの際につくるフタの部分のこと)の作成は最も大切なポイント。その重要な役割を担う医療器具が、この「マイクロケラトーム」です。イントラレーシックが普及するまでの中心であった「マイクロケラトーム」は、日本人にはあまり向いていない場合も。なぜなら欧米人と日本人とでは眼のサイズが異なるためです。

当院ではこれまでの経験から、日本人の眼のサイズに合った日本ニデック社製「マイクロケラトーム MK-2000」、旧神奈川アイクリニックと共同開発したニデック社製「マイクロケラトーム MK-2000 38.5」、フランスモリア社製「マイクロケラトーム M2」という3つの機種を使用しています。

当院では、お客様一人ひとりの眼に合わせて機種を選択し、さらに同一モデルをバックアップ用として常備しています。なお、「マイクロケラトーム」の使用には医師の豊富な経験を要しますが、当院の執刀医は現在主流となっているフラップ作成をレーザーで行う以前からレーシックに従事しており、十分な経験を有していますのでご安心ください。

関連診療

当院の感染症防止対策

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加