高度な技術1|アイリス・レジストレーション(IR)

英語表記:Iris Registration

アメリカAMO社製 ビジックス・スター S4 IR® アメリカAMO社製
ビジックス・スター S4 IR®

「アイリス・レジストレーション(IR)」は、虹彩(こうさい。眼球の黒目部分、瞳孔の外側にある円状の部分のこと)模様認識システムで、姿勢が異なることで生じる眼球の回転、瞳孔の中心移動の補正を行う技術です。

ウェーブスキャン・ウェーブフロント®」での測定は座った状態で行いますが、「ビジックス・スター S4 IR®」でのエキシマレーザー(希ガスやハロゲンなどの混合ガスなどを用いてつくられるガスレーザー。発がん性がないことも確認されている)照射は仰向けに寝た状態で行います。この技術は、座った状態から仰向けになった状態で発生する平均2.2度の回転を自動補正し、正確なレーザー照射を可能にします。

「ウェーブスキャン・ウェーブフロント®」機器と連携。完全非接触で眼球の状態を正確に把握し、エキシマレーザーを照射。この高度な技術によって、視力回復のみならず、見え方の質を向上させ、ハロ・グレア(主に夜間、光がにじんで見えたり、まぶしく感じること)を軽減させることができます。

高度な技術2|3D・アクティブ・アイ・トラッキング

英語表記:3D Active Eye Tracking

3次元自動眼球追尾システムです。この技術は自動センタリング機能を備えており、立体的に眼の動きを捕捉します。そのためレーシック手術中に眼球運動によって多少瞳孔が動いたとしても、正確に角膜を削ることができます。レーザー照射1回につき3回ものチェックを行うため、正確なレーザー照射を実現します。

高度な技術3|バリアブル・スポット・スキャニング(VSS)

英語表記:Variable Spot Scanning

レーザーの照射径を0.65mm~6.5mmの間で調節することで、角膜をより正確に収差(光線が一点に集まらずに像がぼやけたりゆがんだりすること)まで矯正できます。
レーザーの照射径を0.65mm~6.5mmの間で調節することで、角膜をより効果的に正確に切除します。

高度な技術4|バリアブル・レピティション・レイト(VRR)

英語表記:Variable Repetition Rate

パルス パッキング・アルゴリズムという解法に基づいて、エキシマレーザー(希ガスやハロゲンなどの混合ガスなどを用いてつくられるガスレーザー。発がん性がないことも確認されている)の照射回数を6Hz~20Hz(Hzは一秒間の周波数)まで変化させる技術です。安全な治療スピードを保ちながら効率よく、レーザーの照射位置・照射回数を最適化します。これにより、角膜への熱の影響を最小限におさえることができます。

ビジックス・スター S4 IR®

関連診療

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加