第52回日本白内障学会総会・第28回JSCRS学術総会(日本白内障屈折矯正手術学会)

  • 日時:2013年6月27日~29日
  • 会場:シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル/ヒルトン東京ベイ

第52回日本白内障学会総会・第28回JSCRS学術総会(日本白内障屈折矯正手術学会)

千葉県・舞浜で開催された本学会では、チーフメディカルディレクターの北澤医師が白内障手術における乱視矯正、メディカルディレクターの安田医師が老視矯正の角膜内インレーに関する発表を行った。

また乱視・視機能をテーマにした講演において北澤医師が座長を務め、乱視に対する新たなアプローチ等の議論が交わされた。約2,000名の参加者による本学会は、最終日の全演題について討論するシンポジウムにおいても活発な討論が行われ、盛会のうちに終了した。

一般講演
「白内障手術同時フェムトセカンドレーザー角膜実質内乱視矯正切開術」
北澤世志博、安田明弘、高橋洋子、土信田久美子、Steve Schallhorn

遠近両用白内障手術と同時に行う、フェムトセカンドレーザーを使用した角膜実質内乱視矯正切開術の検討。

角膜乱視1.0以上の白内障を対象とし、FSレーザーiFS(AMO社製)で、強主経線上の半径7.0mmの領域に40~80°の一対の弧状角膜実質内切開を施行したのち、白内障手術を施行した。術前角膜乱視度数の程度で3群に分け、乱視矯正効果を検討した。

FSレーザーによる角膜実質内乱視矯正切開術は、中等度以上の乱視でも矯正可能であることが分かった。 実質のみの切開のため、術後疼痛や感染のリスクがなく、術後早期から屈折度が安定し、良好な裸眼視力が得られた。 ただし、矯正に限界があることや適応選択といった課題もある。

一般講演
「老眼矯正ハイドロゲル角膜インレー(Raindrop)の使用経験」
安田明弘、北澤世志博、Steve Schallhorn

新しい角膜インレー(Raindrop)による老眼矯正手術の治療効果報告。

Raindropはハイドロゲル製の新しい角膜インレーで、非優位眼のLASIKフラップ下に留置し、角膜中心部に急峻近方視領域を作る。術前モノビジョンテストで適応のあった近視性乱視の45歳~58歳に対し、両眼LASIK施行時に非優位眼のみRaindropを留置し、術後の臨床結果を評価した。

LASIKにより遠方裸眼視力が改善し(両眼平均1.73)、非優位眼へのRaindrop挿入により近方裸眼視力も改善した(両眼平均0.8)。近視性乱視眼へのLASIKに併用するハイドロゲル製角膜インレーは、老視矯正手術として臨床的に有効である可能性が示唆された。

ただし、自覚的に3ヶ月前後の順応期間が必要であることや、満足度を高めるためにはモノビジョンテストの適応だけなく、見え方に関する十分なインフォームドコンセントが重要である。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加