後発白内障とは

後発白内障とは何ですか?

後発白内障とは、白内障手術後に発症する特殊な白内障で、手術時に挿入した眼内レンズを支える袋の役割をする後嚢(こうのう)という部分が濁る状態を言います。

白内障手術後の合併症として考えられており、手術後数ヵ月から数年経ってから発症します。治療はレーザーで短時間で行うことが可能です。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
  • 当院の安全な医療への取り組み
  • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
  • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
  • ICL(アイシーエル)
  • プレミアムアイデザインレーシック
  • 適応検査
  • よく見られている体験談
  • 割引特典情報
  • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
  • 1Dayレーシック
  • セカンドオピニオン外来