エピレーシックやPRKの視力回復

エピレーシックやPRKは術後どれくらいの期間で視力が回復しますか?

エピレーシックやPRKやラセックは、角膜上皮の再生に伴って徐々に視力が回復していく手術ですので、回復には個人差があります。

手術後すぐに目標視力まで回復される方もいらっしゃいますが、目安としては、手術後1週間でお車の運転ができるくらいの視力になり、目標視力までの回復は、完全に上皮が再生する1〜2ヵ月くらいの期間が目安です。

その間は見えたり見えなかったりを繰り返しながら、徐々に見え方が安定していきます。

手術後の視力が完全に安定するまでには、約6ヵ月かかる場合もあり、その間に見え辛い日があったとしても回復する可能性のある期間のため、しばらく様子を見ていただくこともあります。

※近視の戻りや目標視力に到達しない場合、再手術は視力が安定する6ヵ月目以降となります。

その他のレーシックの効果について よくある質問

お客様から寄せられたレーシックの効果についてのよくある質問をご紹介しております。

レーシックについて よく見られている質問

その他カテゴリーのレーシックについてのよく見られている質問をご紹介します。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
  • 当院の安全な医療への取り組み
  • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
  • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
  • ICL(アイシーエル)
  • プレミアムアイデザインレーシック
  • 適応検査
  • よく見られている体験談
  • 割引特典情報
  • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
  • 1Dayレーシック
  • セカンドオピニオン外来