20年後、30年後

レーシック手術をした20年後、30年後は、どうなるのでしょうか?

アメリカで実施されたレーシック後10年の追跡調査では88%の人が良好な視力を維持していると報告されています。
(ただし、レーシック初期のレーザーの成績ですので、最新技術ではさらに良好な成績になると推測できます)

世界的にはレーシックが一般に普及して15年を超えており、その間、レーシックで失明したという報告はありません。治療用レーザーの性能は進歩を続けており、20年後、30年後も、十分安全に視力を維持できる治療と言えます。

その他のレーシックについてその他 よくある質問

お客様から寄せられたレーシックについてその他のよくある質問をご紹介しております。

レーシックについて よく見られている質問

その他カテゴリーのレーシックについてのよく見られている質問をご紹介します。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
  • 当院の安全な医療への取り組み
  • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
  • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
  • ICL(アイシーエル)
  • プレミアムアイデザインレーシック
  • 適応検査
  • よく見られている体験談
  • 割引特典情報
  • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
  • 1Dayレーシック
  • セカンドオピニオン外来