レーシックの安全性

眼の手術ということで、安全性が心配なのですが、失明することはありますか?

レーシック手術で治療を行うレーザーは、眼の一番外側にある角膜という組織までしか達しないレーザーです。

視力に影響する眼の奥の網膜や視神経にまで届かないため、失明が起きることはありません。

国内で既に55万症例以上、アメリカでは年間130万症例以上レーシックが行われておりますが、その中でも失明はございません。

当院では安全で確実な手術を行うべく、レーシック検査員による詳しい適応検査によって手術の可否を調べるとともに、当院でご案内できる手術方法の中からその方に最適な手術方法を総合的な観点から判断しご案内しています。

その他のレーシックの安全性・合併症について よくある質問

お客様から寄せられたレーシックの安全性・合併症についてのよくある質問をご紹介しております。

レーシックについて よく見られている質問

その他カテゴリーのレーシックについてのよく見られている質問をご紹介します。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
  • 当院の安全な医療への取り組み
  • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
  • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
  • ICL(アイシーエル)
  • プレミアムアイデザインレーシック
  • 適応検査
  • よく見られている体験談
  • 割引特典情報
  • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
  • 1Dayレーシック
  • セカンドオピニオン外来