感染症防止の取り組み

感染症防止のための取り組みは行っていますか?

医療機関として、感染対策は重要な課題です。

当院では院内感染を防止するために、「CDCガイドライン」という国際基準に準拠した取組みを行っております。

CDCとは、米国疾病対策センター(CDC:Centers for Disease Control and Prevention)の略で、 このセンターが感染対策に対するガイドラインを作成しています。

このガイドラインは、米国内だけではなく、欧州、日本でも国際基準として、導入がなされています。

実際に取り組んでいる内容としては、


  • オペ室内の環境管理(清掃)
  • 使用機器の滅菌
  • クリニック内の高頻度皮膚接触表面 (検査機器、ドアノブ等)のアルコール消毒
  • スタッフ、出入り業者への手指消毒の徹底
  • ペーパータオルの導入
  • 採血時グローブの着用
  • 安全装置付き採血針の導入
  • アルコール綿の単包化の導入

また、当院は入院施設ではなく、手術直後にはお客様それぞれの生活にお戻りいただくため、院内だけではなく、院外での生活指導・投薬(点眼)指導を重要視し、手術直後のお客様への感染対策指導にも力を入れています。

その他のレーシックの安全性・合併症について よくある質問

お客様から寄せられたレーシックの安全性・合併症についてのよくある質問をご紹介しております。

レーシックについて よく見られている質問

その他カテゴリーのレーシックについてのよく見られている質問をご紹介します。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
  • 当院の安全な医療への取り組み
  • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
  • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
  • ICL(アイシーエル)
  • プレミアムアイデザインレーシック
  • 適応検査
  • よく見られている体験談
  • 割引特典情報
  • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
  • 1Dayレーシック
  • セカンドオピニオン外来