レーザーで視力回復

レーシックは、高精度のレーザーで視力を矯正する視力回復手術で、近視だけでなく、遠視や乱視も治療可能です。高い安全性と効果から近年注目を集め、全世界では毎年数百万人の方々がレーシックにより視力回復を実現しています。

レーシックはこんな手術

レーシック手術ではフラップと呼ばれるフタを初めに作成します。角膜の上層部であるフラップをめくって、その下にある角膜実質にエキシマレーザーを当てて屈折力を調整します。角膜は眼の一番外側にあり、光を取り込みます。光が角膜や水晶体を通過する際の屈折力が、強かったり弱かったりすると、眼の奥にある網膜に焦点を結びません。そこでレーシックでは、網膜に正しく焦点を結ぶように、角膜にレーザーを当てて形を変えます。

眼の仕組み

レーシックの手順

麻酔

麻酔

点眼麻酔をし、眼を洗浄。

フラップ作成

フラップ作成

マイクロケラトームという器具、またはレーザーで角膜表面にフラップを作成。フラップはフタのようなもので、このフタを開けたところにレーザーを照射して角膜の形を変える。

レーザー照射

レーザー照射

レーザーで角膜の形を調整。当院で使用するレーザーにはアイトラッカーという優れた機能が備わっており、手術中に眼が動いても、コンピューター制御によりレーザーは正しい位置に修正される。

フラップを戻す

フラップを戻す

レーザーの照射時間はわずか数十秒。角膜の形を調整したらフラップを元の位置に戻す。

洗浄

洗浄

最後に眼を洗浄。手術の所要時間は、なんとわずか10分程度。やがて角膜は自然に接着。

レーシックの歴史

屈折矯正手術の発見は、1860年代にさかのぼります。眼に入ったガラスの破片を、取り除いた際に近視が正視化したことがわかり、それがきっかけとなって、角膜の形を変えて光の屈折を矯正し視力を回復する手術方法が研究され始めました。

レーシックで使用するエキシマレーザーは1976年にアメリカIBM社によって開発され、当初は半導体などの基盤加工等の工業用として利用されいました。1980年代になりアメリカでエキシマレーザーを使用した屈折矯正手術の研究が進み、フラップを作らず角膜表面にエキシマレーザーを照射するPRKが行われるようになりました。

レーシックは、クレタ大学学長であるイオアニス G パリカリス博士により考案され、1990年にギリシャで世界初のレーシックが行われました。アメリカでは1995年にFDA(アメリカ食品医薬品局)がエキシマレーザーの使用認可を出し、1998年以降レーシックが屈折矯正手術の主流となります。日本においては、エキシマレーザーが2000年1月に厚生省(現・厚生労働省)によってその使用が認可され、安全性が認められたことで広まりを見せました。

レーシックを受けるときに

レーシックに興味がある方や検討中の方は、必ず効果だけでなく手術に伴うリスクも理解すること、そして信頼できるクリニックを選ぶことがとても大切です。

レーシックの向き不向き

レーシックに向く方

  • 近視や遠視で日常生活に不都合がある。ただしメガネやコンタクトレンズは使いたくない方
  • ドライアイや美容上の理由からメガネやコンタクトレンズを使いたくない方
  • 職業上、メガネやコンタクトレンズでは不便を感じられる方
  • 視力の悪さが要因と考えられる肩こりや眼精疲労を感じられている方

長期的に見ると、使い捨てコンタクトレンズを使い続けるよりも、レーシックを受ける方が経済的です。ただし、レーシックをおすすめできない場合もあります。

レーシックとコンタクトレンズとのコストの比較
コンタクトレンズの危険性

レーシックに不向きな方

  • 20歳未満で、視力がまだ不安定な方
  • 妊娠・授乳中の方
  • 近視度数に対して角膜が薄い方、角膜形状不正の方
  • 眼疾患がある方(白内障、緑内障、網膜剥離、結膜炎などの疾患をお持ちの方はレーシックが受けられない場合があります)
  • 内科的疾患がある方(糖尿病、肝炎、膠原病などの疾患をお持ちの方はレーシックが受けられない場合があります)
  • ※いずれの場合も、適応検査で問題がなければレーシックを受けられます。まずはお気軽に医師またはスタッフにご相談ください。

レーシックを安全に受けるために

眼球の断面図 眼球の断面図

レーシックは、眼科専門医が適切な手術を行えば、極めてリスクが低い安全な手術です。なお、レーシックは、眼球の表面にある角膜(左図)の屈折力を調整する手術であり、眼球の内部に触れることはありません。

ただし、レーシックは手術ですから、「100%リスクがない」というわけではなく、ドライアイや夜間に光がにじむなどの合併症が起こる可能性がないとはいえません。だからこそ、レーシックを検討する際は、医師やカウンセラーからリスクも含め、十分な説明を受けることが大切です。

また、万一合併症が起こったとしても、経験豊富な医師による早期発見や適切な処置により、そのほとんどが解消・改善します。手術後に何か心配なことがあっても、保証期間中は無料でご相談いただけます。

無料検査無料説明会の申し込み

万全のアフターケア「トータルケアサービス」

当院では万全のアフターケア「トータルケアサービス」をご用意しています。対象術式を受けられた方は、長期的なアフターケアを無料で受けられます。

※一部対象にならない術式があります。

1.手術後の検診・相談は無料

保証期間中(15年間)の検診・相談に別途料金はかかりません。また、薬代(1年間)も無料です(※)。

※当院で対応が可能であれば無料で診察します。合併症以外の眼の病気で治療が必要な場合、目薬代などは実費となります。

2.追加矯正・再治療は無料

万一、視力の再低下(近視の戻り)が起こった場合(※1)や予定した視力に回復しなかった場合、保証期間中(15年間)の追加矯正(※2)や再手術は初回無料です。

※1 ごくまれに発生する場合があります。
※2 2回目以降の再手術・追加矯正は有料です。

3.合併症治療の対応は無料

手術後の合併症治療に無料で対応します(※)。

※他院での治療が適切と判断された場合でも、協力病院へのご紹介など、サポートいたします。

「トータルケア」とは、より充実したアフターケアが保証される当院が誇る万全のアフターケアです。

※再手術・追加手術は、初回手術と同じ術式で行う場合、無料です。アップグレードや他の術式を希望される場合は、有料となります。
※2回目以降の再手術・追加手術は有料です。
※2014年4月1日より保証内容が変更になりました。3月31日までに手術を受けられた方は、受けられた当時の保証内容を継続いたします。

レーシックの安全性と効果について

長期予後や機器の進化など、レーシックの安全性とその効果について

レーシックに不可欠な信頼と実績のあるクリニック選び

アフターケア、お客様視点、眼科専門医など、クリニック選びに不可欠な3つのポイント

レーシックの失敗が心配な方へ

レーシックで失明があるのか、レーシック後の効果や症状、合併症の対応策について

レーシックのよくある誤解や疑問

本当に見えるようになるのか?20年後30年後は大丈夫なのか?アベリノ角膜ジストロフィ(アベリーノ症)って何?など、よくある誤解や質問

レーシックの合併症

レーシックで起こり得る合併症とその対処について

眼の雑学

眼の仕組みや視力、コンタクトレンズの危険性など、眼の雑学のまとめ

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加