一般的な合併症

ハロー・グレア

レーシック後は、夜間の光がにじんで見える「ハロー」、まぶしく見える「グレア」の症状を感じる場合があります。これらの症状は、夜間、光を多く取り入れるために瞳孔が開くことが関係しています。ハロー・グレアの見え方には、時間の経過とともに慣れていき、ほとんどの方が手術後3〜6ヵ月程度で気にならなくなります。

※適応検査時に暗いところで瞳孔がどの程度大きく開くかを調べる検査を行うことで、事前にある程度予測することができます。

ドライアイ

レーシックの一般的な合併症のひとつです。ドライアイは、フラップを作成する際に角膜の小さな神経が切断され、涙の反応が低下するために起こります。手術後3ヵ月程度は、眼が乾燥しやすい状態になるので、その間はドライアイ治療の目薬を点眼していただきます。

結膜下出血(白目の内出血)

フラップを作成する際に眼を圧迫し吸引をかけます。このときに結膜(白目の部分)の血管が傷ついて内出血し、赤くなってしまうことがあります。内出血は2週間程度で自然に消失します。

まれに起こる合併症

感染症

角膜上皮が完全に修復するまでの間に、傷口から細菌が侵入して、感染症を起こすことがあります。手術直後は、細菌が眼に入らないように充分に注意して生活し、処方される目薬を正しく点眼するなど、注意が必要です。感染症は、充血や視力の低下などの自覚症状があり、目薬で治療することができます。

フラップ下の炎症

手術翌日から1週間でフラップの下に炎症が生じることがあります。ほとんどの場合、目薬や内服の治療で治りますが、まれに悪化することがあります。この場合、再度フラップをあけて洗浄する必要があります。

上皮迷入

本来は角膜の表面を覆っている上皮細胞が、フラップの下に入り込んでしまう症状です。まれに進行すると、視力低下の原因になるため、フラップをあけて、入り込んだ細胞を除く処置が必要になります。

角膜上皮下混濁(ヘイズ)

角膜の表面に白い点状の濁りが発症し、視力低下の原因になることがあります。目薬を点眼していただくことで、にごりは改善し、視力も回復していきます。ごく稀に、にごりが強く出てしまった場合は、レーザーでにごりの部分を取り除く治療を行うことがあります。

不正乱視

レーザーの照射や上皮の再生過程において、不正乱視が発生することがあります。不正乱視とは、角膜表面にわずかな凸凹ができることによって、光が乱反射して二重・三重にものが見え、メガネでも矯正ができない状態を言います。ほとんどの場合は、角膜の表面が再生することで、自然に回復しますが、ごくまれに不正乱視が残り、凸凹を取るための再手術が必要になることがあります。

起こり得る合併症を適切に処置するためにも、手術後のアフターケアは重要です。当院のアフターケアは万全のサポート体制を採用しています。

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアについて

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
  • 当院の安全な医療への取り組み
  • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
  • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
  • ICL(アイシーエル)
  • プレミアムアイデザインレーシック
  • 適応検査
  • よく見られている体験談
  • 割引特典情報
  • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
  • 1Dayレーシック
  • セカンドオピニオン外来