「レーシックで失明」は本当か?

レーシックは眼の表面にレーザーを照射し、角膜の形を変えることで光の屈折力を調整し、視力を回復させる手術です。視力に影響する眼の奥の網膜や視神経にまで届かないため、眼科専門医が適切な方法で行えば、失明することはありません。

レーシック後の視力不良

レーシックでまったく視力が回復しないということはありませんが、目標とする視力(1.0以上)まで回復しない場合があります(中等度近視の場合:0.9%程度の確率)。その場合は、3ヵ月後を目安に再手術(追加矯正)を行います。再手術をすることで、1.0以上まで視力を回復させることができます。

※眼の状態によっては再手術を行えない場合があります。再手術ができるかどうかは、初回手術の前に行う適応検査の際にお伝えしています。

当院の「トータルケアサービス」は、レーシックの際に大切となる3つの主要なアフターケアを長期的にサポートしています。

当院のアフターケアについて

レーシック後の近視の戻り(リグレッション)

レーシックによって視力が回復しても、手術後6ヵ月または1年以上経過して、再び近視化する場合があります。この近視の戻りは、どなたに起こり得るか予測できませんが、手術前の近視の程度が強い方ほど、近視化する可能性が高いです。視力が0.3~0.6程度まで低下しますが、再手術をすることで、また視力を回復させることができます

レーシックの過矯正による遠視化

レーザーの効き方には個人差があり、レーザーが効き過ぎることで、遠視化が起こる場合があります。3ヵ月程度経過すると近視へ戻る傾向がありますので、たいていの場合は問題ありませんが、遠視化が著しい場合は再手術を行うことがあります。

軽い遠視だと遠くがよく見えるため、一部のクリニックでは故意的に過矯正を行うことがあるようです。手術直後の満足度は高いですが、常にピント調節が必要な状態にあるため、長期的に見ると眼精疲労の原因になり、身体的な影響をおよぼす恐れがあります。 当院では正視を目標にして矯正を行っています。

再手術(近視の戻り、遠視化の追加矯正など)について

徹底した感染症防止対策

医療機関として感染症防止対策は重要な課題です。当院では、院内感染を防止するために、「CDCガイドライン」という国際基準に準拠した取り組みを行っています。その結果、当院における46万2,873症例(法人全体累計総数)のうち院内での感染症は、実に一例も発生していません。

神戸神奈川アイクリニックの感染症防止対策

レーシックのよくある誤解や疑問

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
  • 当院の安全な医療への取り組み
  • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
  • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
  • ICL(アイシーエル)
  • プレミアムアイデザインレーシック
  • 適応検査
  • よく見られている体験談
  • 割引特典情報
  • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
  • 1Dayレーシック
  • セカンドオピニオン外来