内皮細胞

内皮細胞層
形状
厚さ:約10μm(0.01mm)
角膜の一番奥にある層です。
役割
角膜組織に酸素と栄養分を補給しています。角膜には血管がないため、角膜内皮層は血管に代わって、角膜全体に酸素や栄養分を供給するという大切な役割を果たしています。
角膜はとてもむくみやすく、水分が染み込むと濁ります。角膜内皮細胞は、角膜全体に染み込んだ水分を常に汲み出し、角膜の透明性を保っています。

レーシックの不適応とコンタクトレンズ

内皮細胞の数が1平方mmあたり1,500個以下になると、レーシックは行えません。また、コンタクトレンズの長期間装用は角膜を傷つけ、角膜を薄くしてしまうこともあります。角膜の厚みが十分にない場合も、レーシックは行えません。

レーシックとコンタクトレンズとのコストの比較

コンタクトレンズの装用で生じる病気

アレルギー性結膜炎

花粉症などのアレルギー体質のほか、コンタクトレンズの装用で生じる病気です。コンタクトレンズが原因の場合は、レンズの刺激やレンズの汚れによって結膜が傷ついて生じるアレルギー反応です。眼のゴロゴロ感、眼の痒み、眼の充血などの症状があります。

アカントアメーバ角膜炎

多くの場合、コンタクトレンズに付着したアメーバ(微生物)が角膜に侵入して起こる病気です。治療しても治りにくいだけでなく、角膜が白濁し、視力が大幅に低下することがあります。

角膜上皮びらん

コンタクトレンズの長時間装用やレンズの刺激によって起こる病気です。上皮細胞層が部分的にとれた状態を「びらん」と言い、角膜の表面を浅く擦りむいた状態です。眼のごろつき感、眼の痛み、眼の充血などの症状があります。

点状表層角膜症

角膜の表面に付いた細かい点状の傷で、表面の細胞が部分的に脱落してしまう状態です。レンズの汚れ、ドライアイ、ケア用品に対する反応など原因はさまざまです。重症の場合、眼の異物感や眼の充血などの症状があります。

角膜新生血管

コンタクトレンズの就寝時装用など長時間使用することによって、角膜内に酸素が不足します。足りない酸素を取り込もうとして角膜内に血管が進入します。重症化すると角膜が白濁し、視力障害が起こる場合もあります。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
  • 当院の安全な医療への取り組み
  • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
  • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
  • ICL(アイシーエル)
  • プレミアムアイデザインレーシック
  • 適応検査
  • よく見られている体験談
  • 割引特典情報
  • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
  • 1Dayレーシック
  • セカンドオピニオン外来