円錐角膜

[読み] えんすいかくまく  [英] keratoconus

角膜中心部やや下方が突出・薄くなる疾患。(レーシックは適応外)思春期に進行し、30代でほぼ停止する。両眼性で、女性より男性に多く発症する。原因は不明だが、アトピー性皮膚炎に合併することが多い。治療は、初期はHCL処方、末期は角膜移植を選択する。角膜形状がイレギュラーなため、進行とともに他覚値と自覚値がかけ離れる。矯正視力も進行とともに出づらくなる。

その他のあ行のレーシック関連用語

あ行のレーシック関連用語について解説します。ご不明点、お悩みは当院までお気軽にご相談下さい。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加