ピーアールケイ

[読み] ぴーあーるけい  [英] PRK

Potorefractive keratectomyの略語フラップと呼ばれる自身の角膜で作るフラップを作成せず、角膜表面からレーザーを照射して、近視、遠視、乱視を矯正します。角膜表面(上皮細胞)を取り除いてしまうため、痛みを伴います。角膜上皮が再生するまでの間、保護用のコンタクトで角膜を保護します。上皮細胞は、約1週間で整復します。整復後は、保護用コンタクトを取りはずします。フラップを作成していないため、術後フラップがずれるという合併症は、起こりません。そのため、格闘技などのように眼に衝撃があたることの懸念される場合に、有効です。また、フラップを作成しないため、レーザーで角膜を削除できる量が増えるため、レーシックができない強度近視の方にも適しています。しかし近年は、EPI−LASIKと呼ばれる上皮を物理的に削除し、レーザーを照射する方法に変わってきています。

その他のは行のレーシック関連用語

は行のレーシック関連用語について解説します。ご不明点、お悩みは当院までお気軽にご相談下さい。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加