フェムトセカンド

[読み] ふぇむとせかんど  [英] Femtosecond laser

「フェムトセカンド」とは1000兆分の1秒を表す単位。かつてないミクロな単位の近赤外光レーザー。細胞と細胞の間の水分を蒸発させ、細胞同士を剥離させることが可能。また、一定の距離でその効果を発揮させることができるため、この性質を利用し、イントラレースは、角膜表面から一定の距離にある地点の細胞を剥離させ、フラップを作成できます。従来のマイクロケラトームと比べ、フラップの厚みが一定の厚さで作成できる、角膜の形状にあまり影響されないといった多くの利点がある。ただし、機械本体が高額であるため(ケラトームと比べて4〜5倍)日本での導入はまだ少ない。

その他のは行のレーシック関連用語

は行のレーシック関連用語について解説します。ご不明点、お悩みは当院までお気軽にご相談下さい。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加