角膜新生血管

[読み] かくまくしんせいけっかん  [英] pannus

角膜は本来、血管のない組織ですが、コンタクトレンズなどの使用で慢性的な酸素不足が、その不足を解消しようとして、生体が反応して血管新生を起こしたものと考えられます。コンタクトレンズの長期装用などで、結膜から角膜に血管が侵入してくる状態などを指します。

その他のか行のレーシック関連用語

か行のレーシック関連用語について解説します。ご不明点、お悩みは当院までお気軽にご相談下さい。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加