老視

[読み] ろうし  [英] presbyopia

眼はモノを見るときに、目の中のレンズ(水晶体)の厚みを、筋肉(毛様帯筋)を使って調節しピントを合わせています。45歳を過ぎると水晶体が硬くなったり、毛様帯筋の力が弱くなったりすることで、調節機能が衰え、近くのピントが徐々に合わなくなり、65歳を過ぎる頃には自分で調節することは、難しくなってしまいます。

その他のら行のレーシック関連用語

ら行のレーシック関連用語について解説します。ご不明点、お悩みは当院までお気軽にご相談下さい。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加