高い技術

レーシックはもはや、ただ視力を矯正するだけでなく、見え方の質を追及する時代です。

プレミアムアイレーシック®は、一人ひとりの眼を正確に計測する「ウェーブスキャン・ウェーブフロント®」、安全で正確なフラップ(レーシックの際につくるフタの部分のこと)を作成する「iFSフェムトセカンドレーザー®」、精密なレーザー照射を実現する「ビジックス・スターS4 IR®」、これら3つの高性能な機器に加え、検査技術と照射技術が組み合わされてはじめて実現することができます。

高い技術
一人ひとりの眼を正確に計測する技術 ウェーブスキャン・ウェーブフロント 正確で安定したフラップを作成する技術 iFSフェムトセカンドレーザー 一人ひとりの検査データに基づき精密な照射を行うレーザー管理技術 スター S4 IR

プレミアムアイレーシック®が選ばれる理由

安全性が高い

1.厚生労働省承認のレーザーのみを使用

プレミアムアイレーシック®で使用するレーザーはFDA(米国医薬品局)と厚生労働省がその安全性を認めています。国内でも様々なエキシマレーザーやフェムトセカンドレーザーが導入され、レーザーのみで行うレーシックが行われていますが、その中でもアイレーシック®だけが唯一、厚生労働省に承認された機器を使用しています。

厚生労働省承認のレーザーのみを使用

2.NASA(航空宇宙局)、米国国防総省が認めた安全性

NASAや米国国防総省がレーシックを承認する際、宇宙空間での作業や戦闘機にかかる加速度、また打ち上げ時に変化する船内気圧といった過酷な環境下でも耐えうる、高い安定性と安全性を示したアイレーシック®の臨床データが使用されました。アイレーシック®を受けたほぼ全ての海軍パイロットに、航空母艦への着地能力と射撃能力の向上が認められている、と米国国防総省より報告されています。

NASA(航空宇宙局)、米国国防総省が認めた安全性

3.より安全で正確なオーダーメイドのフラップ作成

従来のマイクロケラトームと比較すると全てコンピューターで制御されるため、フラップ(レーシックの際につくるフタの部分のこと)の厚みや角度、フラップを支える部分(ヒンジ)の位置などを一人ひとりの眼に合わせオーダーメイドで作成することによって、正確な厚みのフラップを作成することができます。

また、当院で導入している最新機種「iFSフェムトセカンドレーザー®」は、旧機種のレーザーと比べてもフラップの作成時間が短く、フラップの強度、フラップ作成の精度面ともに優れています。

<フラップ断面図>

イントラレースでの切除 マイクロケラトームでの切除

<フラップ表面図>

フラップ表面図

レーザーをコンピューター制御することで、フラップの形状は円形となり、均一でムラのない、なめらかな切断面を形成します。なめらかな切除面は、良好な視力を得るため大切です。

フラップ作成時に照射するエキシマレーザーは水を苦手とします。従来のマイクロケラトームではフラップ作成時に水を必要としましたが、レーザーによるフラップ作成では水を使わないため、エキシマレーザーでの角膜切除精度も向上します。

術後成績が良い

Femto-Keratome Compe

左記は、手術翌日から3ヵ月後にかけて、裸眼視力が1.0まで回復している割合を、レーザーとマイクロケラトームでフラップを作成した場合とで比較を行ったデータです。

参考:Tanna M,Schallhorn SC,Hettinger KA, Femtosecond laser versus mechanical microkeratome :A retrospective comparison of visual outcomes at 3 months.J Refract Surg 2009;25:S668-71

レーザーマイクロケラトーム
1週間後93%86%
1ヵ月後96%93%
3ヵ月後96%93%

上記のグラフのとおり、手術の翌日~1週間に裸眼視力が1.0以上に回復している割合は、レーザーの方が多く、早い時点で視力が回復することが分かります。

また3ヵ月後の時点でも、裸眼視力が1.0以上に回復している割合は、レーザーの方が高く、手術後の結果が良いことも示唆しています。

見え方の質が高い

プレミアムアイレーシック®は、一人ひとりの角膜のゆがみ(収差)に合わせたオーダーメイド照射を行います。角膜のわずかなゆがみ(収差)まで矯正できるため、手術後は質の高い見え方を実感することができます。

従来のレーシック照射とオーダーメイド照射の比較

オーダーメイド照射を行うレーシックを「ウェーブフロントレーシック」と呼びます。なお「ウェーブフロントレーシック」には2種類あります。平均的なサンプルから得られたデータを元に矯正を行うセミオーダーの技術を「ウェーブフロントオプティマイズド レーシック」、一人ひとりの眼の状態に合わせた照射プログラムで矯正を行うフルオーダーメイドの技術を「ウェーブフロントガイデッド レーシック」と言います。プレミアムアイレーシック®は「ウェーブフロントガイデッド レーシック」です。

セミオーダー技術フルオーダーメイド技術
(プレミアムアイレーシック®)
ウェイブフロントオプティマイズド レーシックウェイブフロントガイデッド レーシック
0.25D単位 ※例:既製品の服0.01D単位 ※例:オーダーメイドの服
多くの平均的なサンプルから得られたデータ(既成データ)を元に矯正を行う方法です。メガネやコンタクトレンズと同じ0.25D単位での屈折矯正となります。一人ひとりの眼の状態に合わせたレーザー照射パターンを作成して矯正を行う、オーダーメイドの手術方法です。
0.01D単位で作成し屈折矯正を行うため、ウェーブフロントオプティマイズド レーシックに比べ、矯正精度が高い手術方法です。

下記のデータは「ウェーブフロントオプティマイズド レーシック」と「ウェーブフロントガイデッド」の高次収差(角膜のわずかなゆがみ)が改善される割合を比較したデータです。

「ウェーブフロントオプティマイズド レーシック」と「ウェーブフロントガイデッド」の高次収差(角膜のわずかなゆがみ)が改善される割合の比較 参考:Jack T.Holladay,M.D. Fewer HOA yields better visual performance. Eye World 2009

手術後に高次収差(角膜のわずかなゆがみが改善されたお客様の割合は、ウェーブフロントガイデッド レーシック」では約85%、「ウェーブフロントオプティマイズド レーシック」では約55%と有意な差があり、「プレミアムアイレーシック®」が採用している「ウェーブフロントガイデッド レーシック」は、よりくっきりとした高品質な見え方を実感できると言えます。

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
  • 当院の安全な医療への取り組み
  • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
  • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
  • ICL(アイシーエル)
  • プレミアムアイデザインレーシック
  • 適応検査
  • よく見られている体験談
  • 割引特典情報
  • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
  • 1Dayレーシック
  • セカンドオピニオン外来