2012年 プレスリリース

募金が集まり、盲導犬「キーナ」が活躍しています。

募金が集まり、盲導犬「キーナ」が活躍しています。医療法人社団稜歩会神戸神奈川アイクリニックは、「眼に関するあらゆることで社会貢献する」事を経営理念として掲げ、盲導犬育成の協力に取り組んでまいりました。創業者が、一人ひとりのスタッフに向けて盲導犬育成募金を呼びかけ、また、全国9院に募金箱を設置し、レーシックを体験されたお客様からの募金活動を推進してまいりました。

この度、募金総額が200万円に到達し、公益財団法人日本盲導犬協会に贈呈いたしました。

2012年2月17日、神戸神奈川アイクリニックの募金箱に集まったお客様からの募金と、スタッフによる募金によって育成された第2号盲導犬「キーナ」の贈呈式が東京で行われました。

インタビュー

募金が集まり、盲導犬「キーナ」が活躍しています。

q盲導犬を希望されてから、パートナーが決まるまでどれくらいかかりましたか?

aキーナが初めての盲導犬なのですが、6ヵ月程かかりました。

qキーナと初めて会った時の感想をお聞かせ下さい。

aおっかなびっくりで、おそるおそる近づいたのですが、大きな犬だなー、足が長いなーと思いました。

q共同訓練の場所や期間を教えて下さい。訓練は大変でしたか?

a神奈川訓練センターで6月下旬から7月下旬まで1ヵ月ほど訓練しました。真夏だったので非常に暑く、日陰に行こうとしたり、コンビニ等の涼しいところに入りたがっていました。

qキーナが来て何か変化はありましたか? 行動範囲が広がったりしましたか?

a杖での歩行はぶつかったり、気を遣ったりが大変でした。外出するときは数日前からガイドヘルパーさんにお願いしないといけないので、自由に外出できませんでした。
でもキーナが来てからは、自由に外出できますし、雨だから外出するの止めようってこともできますしね。

qキーナとの思い出の場所や、お気に入りのお出掛け先などがあれば教えて下さい。

a筑波山まで1泊2日で自動車の運転体験ツアーに行ったことです。運転席に私、助手席に教官、後部座席にキーナを乗せて運転するんですが、楽しかったです。そのツアーには盲導犬が6頭も参加していて、鼻と鼻をくっつけて挨拶したり、キーナも楽しそうでした。盲導犬がたくさん集まるところに行ったことがなかったので新鮮でした。

qご自宅での様子をお聞かせ下さい。

aグルーミング(手入れ)や排便は、私の様子で分かってくれます。ケージに入れたい時も、キレイ好きみたいで、普段なら嫌がるんですが、ハンディクリーナーで掃除して「キレイになったよー」と言うと喜んで入ってくれるので、手間がかからず助かってます。

あとはお茶目なので、私と一緒に踊ったりしてます。体が大きいので立つと私の胸の辺りまで来るんです。それから、おもちゃも大好きで、ホネの硬いおもちゃが特に気に入ってます。 また、主人がマッサージ師なので、外出から帰ってきたら、主人にマッサージしてもらっています(笑)。

募金が集まり、盲導犬「サニー」が活躍しています。

qご家族など、周りの方の反応はどうですか?

a知らない人でも声をかけてきたり、質問攻めに会うようになりました。キーナも色々な人に囲まれて気分良いみたいです(笑)。

qこれからキーナと一緒に行ってみたい場所、やってみたいことなどはありますか?

a飛行機に乗った事がないので、飛行機に乗って旅行に行ってみたいですね。細かい場所は決めていないのですが、北海道に行ってみたいです。

qキーナと街を歩いてみて、お困りのことや、私たちに希望することがあれば教えて下さい。

a歩いているときに声をかけられると、キーナの気が散ってしまうので、歩いている時はキーナには声をかけないでいただければと思います。

qキーナへ一言お願いします。

a今までありがとうね。これからもよろしくお願いします!

日本盲導犬協会

公益財団法人日本盲導犬協会

日本盲導犬協会によれば、目の不自由な方への盲導犬普及はまだ十分とはいえず、不足している状態とのことです。また、盲導犬同伴拒否などの経験をされる利用者も多く存在するのが実情であり、社会における理解と支援がまだまだ必要といえます。
私たちは、より多くの方からの支援と理解が得られるように、「盲導犬プロジェクト」の活動を強化してゆく所存です。

神戸神奈川アイクリニックは盲導犬育成を応援しています

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加