2014年 新着情報

最新の近視矯正用眼内レンズ「ホールICL」、厚生労働省の認可取得!新製品発表会にて当院診療部長の北澤が特別講演を行いました。

2014年3月、「ホールICL」が厚生労働省の認可を取得しました。
これにより「ICL(アイシーエル)」「ホールICL」ともに、その安全性と効果が厚生労働省に認められたことになります。(ICLは2010年に認可取得)

当院診療部長 北澤

近視や乱視が強くレーシックが受けられない方でも治療可能な「ICL」。 その「ICL」の進化型である「ホールICL」は、レンズ中央に微細な穴があいていることで、眼内の水の流れ(房水動態)がより自然に近い状態となるのが特長です。

ホールICLの手術は、従来のように虹彩切除する必要がなく、
(1)手術時間が短縮
(2)痛みの軽減
と、お客様にとって負担がより少ない手術方法です。

去る3月29日、レンズ製造元であるSTAAR Japan社が開催した新製品発表会にて、当院診療部長 北澤が特別講演を行いました。 当院の豊富な症例データをもとに、臨床結果や満足度について発表いたしました。

講演

「ICL」「ホールICL」は、国内の認知度はまだ低いものの、世界では約40万症例もの手術実績があり、その数は世界でも国内でも年々増加傾向にあります。

当院は国内一の症例実績があり、約42%のシェアを獲得しています。(2013年度調べ)

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加