手術を受ける前に、必ず適応検査をお受けください

適応検査とカウンセリングの流れ

適応検査

適応検査

ご自分の眼の状態を把握し、 最適な術式をお選びいただくためにも、手術を受ける前に必ず一度来院いただき、眼の検査=適応検査をお願いしています。なお、適応検査は無料です。

無料検査

問診票の記入

問診票の記入

眼の自覚症状、コンタクトレンズや眼鏡の使用歴、既往症(きおうしょう)、服用薬の有無などについて記入

※適応検査の際は、問診票に記入の上、持参いただければ、よりスムーズに検査を行えます。

検査

検査

レーシックの適応可否や、お客様に最適な手術方法を導き出すため、角膜の屈折力・厚み・形状の確認など、約10種類の詳細な検査の実施

※眼にコンタクトレンズの影響が残っていると再検査が必要になる場合もあるため、ソフトコンタクトレンズの方は検査の3日以上前から(連続装用タイプは2週間以上前)、ハードコンタクトレンズの方は検査の2週間以上前から、それぞれ装用を中止してください。

※検査当日は、車の運転はお控えいただき、公共交通機関でご来院ください。

散瞳剤の点眼

散瞳剤の点眼

眼底検査(網膜など)と、調節力を取り除いた状態の近視・乱視・遠視の度数を測定するため、瞳孔を大きく広げる目薬=散瞳剤(さんどうざい)を点眼

検査

検査

調節力を取り除いた状態の屈折度数を測定
適切な視力矯正を行うため、散瞳させて調節力を取り除いた状態の屈折度数を測定

診察

診察

医師による診察(眼底検査、医師による手術詳細の説明、予測される手術後の結果、術中に起こり得る合併症、手術の適否など)。疑問・悩み・不安な点など遠慮なく質問可能

カウンセリング

カウンセリング

レーシックカウンセラーによる手術の詳しい説明=カウンセリング(目の構造、視力回復の原理、手術手順、手術での合併症、手術の注意事項など)の実施。疑問・悩み・不安な点など遠慮なく質問可能

無料適応検査申し込みフォーム

無料適応検査お申し込み前の注意事項

料金

  • 適応検査・カウンセリングは無料です。

適応検査・カウンセリングにかかる時間

  • およそ2時間半かかります。

コンタクトレンズをお使いの方への注意事項

  • 適応検査の前から近視用、乱視用ソフトコンタクトレンズの方は検査の3日以上前から(連続装用=夜間眠っている間もレンズをつけたままにしておくタイプは2週間以上前)、ハードコンタクトレンズの方は検査の2週間以上前から、それぞれ装用を中止してください。
  • 眼にコンタクトレンズの影響が残っていると、再検査を要する場合がござますので、1日でも長くコンタクトレンズの使用を中止してからご来院ください。
  • 装用中止が難しい場合は、当院開催の無料説明会へお申し込みください。コンタクトレンズを装用したまま来院が可能で、説明会当日は簡単な検査を受けられるため、レーシックの手術が可能か大まかな適応性を知ることができます。

検査前日から検査当日の注意事項

  • 検査当日は十分睡眠をとり体調を整えてご来院ください。前日の過度な飲酒はお控えください。
  • 検査当日は住所を確認できるもの(保険証・運転免許証など)をご持参ください。
  • 検査当日は眼の状態を診察するため、瞳孔を広げる目薬(散瞳剤=さんどうざい)を点眼します。そのため、検査後3〜4時間は光がまぶしく、近くが見えづらくなるため、当日の車の運転はお控えいただき、公共交通機関でご来院ください。
  • 適応検査当日の化粧は普段どおりで構いませんが、アイメイクが若干落ちる場合もあります。あらかじめご了承ください。

その他の注意事項

  • 他院で適応検査を受けられた当日は、当院での適応検査を受けることができません。別な日程でのご案内となります。
  • 適応検査の有効期限は3ヵ月となっています。適応検査日から手術日まで3ヵ月以上の期間が経つと適応検査を再度受け直していただくことになります。
  • 女性の方は、ホルモンバランスの変化により手術後の視力に影響が出る可能性があるため、出産または授乳中止後3ヵ月以内の手術はおすすめできません。

オルソケラトロジーをお使いの方へ

  • 2ヵ月間使用を中止していただきメガネに切り替えていただく必要があります。
  • 最低2回の検査が必要です。装用中止後1ヵ月目から1回目の検査が受けられます。
  • 1回目の検査から1ヵ月目で2回目の検査が受けられます。
  • 1回目、2回目検査ともに検査日の1週間前まではソフトコンタクトレンズの使用が可能です。

視力回復手術が受けられない場合

当院では、あらゆるお客様が視力回復手術を受けられるよう、できるかぎりの診察・診断を行っていますが、さまざまな理由から視力回復手術を行えない場合もあります。あらかじめご了承ください。

手術を行えない場合

  • ぶどう膜炎の方
  • 角膜ヘルペスの方
  • 角膜移植をされている方
  • 強膜裂傷がある方
  • 黄斑部変性がある方
  • 重篤な糖尿病・膠原病など内科的疾患がある方
  • 妊娠中・授乳中・授乳後3ヵ月以内の方
  • 過去にメスを使用した眼球疾患の手術を受けられた方
  • バセドウ病の治療薬を服用中の方
  • パイロットの方もしくはパイロットを目指している方
    ※手術が認められる場合もあるため、詳しくは航空機免許の専門機関などにお問い合わせください。
  • 視神経障害がある方
    ※手術ができる場合もあるため、検査来院時にご相談ください。
  • 角膜の形状や厚みが適応範囲外の方

アベリノの検査について

遺伝性によるもので、角膜に顆粒状の混濁(白い濁り)を起こす「アベリノ角膜ジストロフィ(アベリーノ症)」を発症されている方にレーシックの手術を行うと、手術後にフラップ(レーシックの際につくるフタの部分のこと)の下に混濁(白い濁り)が増え、手術後の視力に影響を及ぼす可能性があるため、レーシック手術は不適応となります。

当院では、レーシックを受けるお客様がアベリノ角膜ジストロフィを発症されていないか、無料適応検査で判断できます。また、万一発症されている場合でも、当院では治療することができます。

当院のアベリノ検査の見解について

レーシック+角膜クロスリンキングについて

レーシックを受けるにあたり、「角膜の強度に不安があるから」とレーシック+角膜クロスリンキングをおすすめするクリニックがあるようです。しかし角膜クロスリンキングは、円錐角膜治療としてのみ認められており、正常な眼に施行した場合の安全性は確立されておりません。よって当院では、角膜の強化を目的に、円錐角膜でない方に角膜クロスリンキングを施行することはおすすめいたしません。

ただし「レーシックを受ける前にどうしても不安で・・」という方には、綿密な検査、経験豊富な眼科専門医による診察の上、無料で角膜クロスリンキングを行うこともできますので、まずはお気軽に当院にご相談ください。

当院の角膜強化法(角膜クロスリンキング)の見解について

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加