新聞「夕刊フジ」掲載 全3回連載記事「現代医学の中心でeyeと叫ぶ、体験的レーシック」(第3回)

新聞「夕刊フジ」掲載 全3回連載記事「現代医学の中心でeyeと叫ぶ、体験的レーシック」(第3回)

2004年10月15日

第3回
手術当日の状況や、0.06だった視力が、手術の翌日には2.0になった驚きと感動体験が記載されています。『レーシックはまさに現代の魔法だった』と、という表現が印象的です。さらに、術後は悩みの肩こりも解消したそうです。

新聞「夕刊フジ」掲載 全3回連載記事「現代医学の中心でeyeと叫ぶ、体験的レーシック」(第2回)

新聞「夕刊フジ」掲載 全3回連載記事「現代医学の中心でeyeと叫ぶ、体験的レーシック」(第2回)

2004年10月14日

第2回
クリニックへの訪問から手術を受ける決心を固めるまでの内容が記載されています。やはり、誰もがレーシックには「不安・怖い」という思いがあるのは当然です。そうした思いでしたが、レーシックについて納得し、そして決心した理由が紹介されています。

新聞「夕刊フジ」掲載 全3回連載記事「現代医学の中心でeyeと叫ぶ、体験的レーシック」(第1回)

新聞「夕刊フジ」掲載 全3回連載記事「現代医学の中心でeyeと叫ぶ、体験的レーシック」(第1回)

2004年10月13日

第1回
夕刊フジ記者である青木氏が実際に体験したレーシックを記事化しています。第1回は、青木氏の病院選びについて、自らが調べ、クリニックを選んだ理由が書かれた内容です。

フリーペーパー「月刊ブルーウェーブスポーツ」掲載

フリーペーパー「月刊ブルーウェーブスポーツ」掲載

2004年8月2日

当院でレーシックを受けたオリックスブルーウェーブの後藤光尊選手と創業者の吉田との対談が掲載されています。

後藤選手が以前からコンタクトレンズ生活で悩まされていたことや、実際にレーシックを受けた感想、視力回復によって野球生活に与えた好影響のお話など、創業者の吉田と楽しいトークを展開しています。

フリーペーパー「apple」掲載

フリーペーパー「apple」掲載

2004年8月2日

「近視大国」ともいわれる日本で今、注目を浴びている画期的な視力回復法レーシックが紹介されています。

実際の効果や、レーシックを受けるまでの心境など、実際の女性体験者3名のインタビュー記事が掲載されています。

フリーペーパー「PS」掲載

フリーペーパー「PS」掲載

2004年7月26日

コンタクトレンズに頼ることなく、裸眼で生活することができたら。

22:00~22:20 20分番組
番組名:『トレンドカンパニー』
視力回復手術レーシックに注目

毎回、国内の注目企業を取り上げる番組です。3人に1人が近視という近視大国日本にあって、近年注目されている視力矯正方法、それがレーザー治療「レーシック」です。

この治療方法を提供する当院にスポットを当て、視力回復技術「レーシック」の現状を紹介します。

KBS京都ラジオ「キラピカ☆」

2004年7月3日~KBS京都ラジオ (ダイヤル1143KHz)

番組名:キラピカ☆

日常生活の基本的な情報の中で、基本原点に立ち返り、心の贅沢ということにこだわりを持ったスペシャリストが、この時代を生きる元気の素を楽しい本音トークで語ります。この番組で、創業者の吉田がさまざまな視点からレーシックや眼にまつわる話をご紹介いたします。

週刊誌「サンデー毎日」に掲載されました

週刊誌「サンデー毎日」に掲載されました

2004年6月8日発売

アメリカの角膜屈折矯正手術の先駆者として活躍してきた眼科専門医、【アレン・M・バーグ博士】と【創業者の吉田】との対談が紹介されています。

厚生労働省認可の屈折矯正手術が注目

当院が展開する、視力回復による社会貢献。

世界最先端の安全性と確実性で、眼科手術の概念を変える

週刊文春「病院情報ファイル」で紹介される

週刊文春「病院情報ファイル」で紹介される

2004年ゴールデンウィーク特大号

眼科専門医のアレン・M・バーグ博士の訪日に伴い取材を受けた。病院選びのポイントや、日米の眼科医制度の違いなどについて記事掲載されている。

アメリカでは眼の手術は、眼科専門医(医師免許を取得した上、手術等の実技も含む眼科専門医試験に合格した医師)のみが行なうことができる。

しかし、日本では眼科に限ったことではないが、医師であれば他の診療科から転向していきなり眼科を標榜し、難しい手術を行なうことも許される。

"認定医"が示す意味は日米で大きく違う。

フジサンケイビジネスアイ記事掲載 シリーズ「明日の日本へ」

フジサンケイビジネスアイ記事掲載 シリーズ「明日の日本へ」

2004年3月27日

前衆議院員の俳優、森田健作氏が各界の第一人者と日本の将来について語る「明日の日本へ」。

シリーズ第2回に創業者の吉田がゲストとして迎えられた。

眼科医としての夢だけでなく、日本全体の改革まで目標だと熱く語る吉田と、元祖熱血漢の森田氏が、熱い対談を行なった。

TBS系列 「世界バリバリ☆バリュー」

2004年1月27日

K1 PRIDEのルールディレクター島田裕二氏が、当院で行なった手術風景が紹介されました。

司会:島田紳助/水野裕子
毎日放送(TBS系列・全国28局ネット)
毎週火曜日22:00~22:54

世界中の珍しく興味のあるものからクイズを出題するバラエティ番組。
今回は、「ちょっと気になるあの治療」と題し、様々な治療方法を紹介する。この中で当院がレーシックによる近視・乱視の治療を紹介されました。

実際の患者さまには、日本人として唯一、K1とPRIDEの両方のルールディレクターを務める島田裕二氏が当院で行なった手術風景と実際の視力回復効果が紹介されました。

島田裕二レフェリーの詳しい体験談はこちらから

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加