プロ・ボールルーム・ダンサー 立石勝也・裕美ペアさんレーシック

プロ・ボールルーム・ダンサー 立石勝也・裕美ペアさん

職業プロ・ボールルーム・ダンサー
視力
  • [右] 立石勝也 0.6 立石裕美 0.1→立石勝也 1.5立石裕美 1.2
  • [左] 立石勝也 0.4 立石裕美 0.5→立石勝也 1.5立石裕美 1.2
  • ※視力の回復には個人差がございます。

    キーワード男性、 女性、視力回復するの?、 怖そう、コンタクトレンズ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク以外)、スポーツ選手、レーシック

    プロフィール

    神戸を拠点に国内外トップクラスのプロダンサーとして現在活躍中。
    ビジュアルでは、外国人選手にも負けないカップル。
    独特のコレオグラフィー、タイミングにはセンスのよさを感じる。
    世界各国から集まる「2009年世界プロフェッショナルサウスアメリカンショーダンス選手権」では初出場初ファイナルという快挙を成し遂げ、更なる活躍が期待されている。

    世界プロフェッショナルサウスアメリカンショーダンス選手権大会 ファイナリスト 第7位
    全日本プロフェッショナルサウスアメリカンショーダンス選手権大会 優勝
    全日本セグエ選手権大会 優勝
    統一全日本ダンス選手権 第3位
    西部日本ダンス選手権大会 優勝

    ラテンアメリカンダンス、スタンダードダンス総合10種目で競われる、10ダンス選手権でも優勝候補で日本が誇る世界クラスのカップル。

    体験談インタビュー

    レーシックを受けようと思った理由、神戸神奈川アイクリニックを選ばれた理由をお聞かせください。

    勝也)
    ダンスは見た目の優雅さ以上に、ハードな動きや姿勢が要求される競技ですので、これまでもダンス中にコンタクトレンズが外れる心配をしていました。

    裕美)
    特に女性は、普通の生活では考えられない姿勢の連続でターンも多く、常にコンタクトレンズのことは気にしていました。それに長時間につけていたり、その日の体調によってはすぐ目が充血してくるので、見た目にも良くありませんし困っていたんです。

    勝也)
    僕たちのオーナーでもある先生が、何年か前に視力回復の手術をしたのを聞いていたので、この手術があることは知ってはいました。そんなある日、僕がインターネットを見ていて、地元の神戸で治療が出来るクリニックがあることを知ったんです。

    裕美)
    こんなに近くにあるなら通院も便利だし、何よりもコンタクトレンズから解放された生活に強く憧れていたので、二人で行こうって即決でした(笑) トータルケアサービスって言うのも安心感があり、神戸神奈川アイクリニックを選んだ大きな理由ですね。

    これまでコンタクトレンズや眼鏡で困ったことはありましたか?

    裕美)
    大切なデモンストレーションの最中に、衣装が目にかすって視力の悪い方のコンタクトが落ちてしまったことがありました。

    なんとか最後まで踊れましたが、あんなに不安な事はなかったですね。パートナーやお客様の表情が急にぼやけてしまいますし・・・。

    それで踊り終わってから後で探してみましたが、もちろんなかったです。。。

    勝也・裕美)
    やっぱり目が悪いとベストなダンスが出来ないですね。

    目の疲れや充血によって生活そのものにも影響があったと思います。

    レーシック手術当日の感想をお聞かせください。

    勝也)
    とりあえず緊張しました!(笑)

    二人で一緒に適応検査には来たものの、彼女はドライアイがあるからそれを緩和しないといけないということで、手術の日は別々になってしまって、僕のほうが先に一人でうけましたし。イギリスから帰ってきてすぐ、日本インターナショナル選手権の直前だんたんですけど・・・(苦笑)

    裕美)
    私も相当怖かったです。生まれて初めての手術だったし、その上「目の手術」ですから、ものすごい緊張していました。ダンスのプレッシャーなら全然大丈夫なのにね(笑)

    勝也)
    でも、オペ室に入ってからもスムーズだったし、看護師さんがとても優しくて、手術中ずっと手を握ってくれていたのがすごく安心感に繋がりました。

    裕美)
    私の時もそうでしたね。本当に助かりました。それと、手術が終わったときの見え方にはびっくり!表現できないくらいの驚きですね。

    勝也)
    そう、途中でもう天井が見えてきたー!って(笑)

    レーシックを受けて良かったこと、以前の生活と変わった点などをお聞かせください。

    勝也)
    遠くを見るときに目を細めて見る癖があったのですが、それが無くなりました。それに、二人とも疲れ方が全く違うことに驚いています。もうコンタクトレンズを気にせず、安心してダンスに集中できることが何より良かったです。

    裕美)
    そうですね、私も自分の目でダンスフロアー一杯を見て踊れることがうれしいですね。二人で作り出す"SUPERDANCE"を叶えることが出来そうです!

    勝也・裕美)
    レーシックって、度が入っているメガネやコンタクトレンズが好きな人には向かないけど(笑) そうじゃなければ超お勧めですよね。入院もしなくていいし、視力もすぐ回復するし。本当にこの手術を考えてくれたことに感謝しています!

    プロ・ボールルーム・ダンサー 立石勝也・裕美ペアさんと同じ術前視力の方の体験談

    術前の視力がプロ・ボールルーム・ダンサー 立石勝也・裕美ペアさんと同じ0.08〜0.15の方の体験談を紹介します。

    井上 康生さん 井上 康生さんエピレーシック

    職業柔道家(東海大学体育学部武道学科専任講師・柔道部副監督)
    視力
    • [右]0.151.2
    • [左]0.61.2

    ※視力の回復には個人差がございます。

    キーワード男性、視力回復するの?、 怖そう、裸眼、 メガネ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク)、 仕事(デスクワーク以外)、 日常生活、眼精疲労、スポーツ選手、 文化人・アーティスト、エピレーシック

    神戸神奈川アイクリニックを選ばれた理由 妻(東原亜希さん)が先に神戸神奈川アイクリニックで手術していて良かったと聞いていたので受けることにしました。 もともとコンタクトもメガネも好きではなくて普段は裸眼ですごしていました。車の・・・

    八木 早希さん 八木 早希さんレーシック

    職業フリーアナウンサー
    年齢

    30歳

    ※年齢は手術時のものです。

    視力
    • [右]0.21.5
    • [左]0.11.5

    ※視力の回復には個人差がございます。

    キーワード女性、30代、痛そう、 視力回復するの?、コンタクトレンズ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク以外)、 日常生活、肩こり、 眼精疲労、文化人・アーティスト、レーシック

    神戸神奈川アイクリニックを選ばれた理由は? やしきたかじんさんに神戸神奈川アイクリニックを紹介していただいたからです。最近手術が趣味になってしまったやしきたかじんさんが、視力の悪さを以前から嘆いていて、ずっと気になっていたレーシ・・・

    吉田 優也さん 吉田 優也さんラセック

    職業柔道家
    視力
    • [右]0.071.5
    • [左]0.081.5

    ※視力の回復には個人差がございます。

    キーワード男性、20代以下、視力回復するの?、コンタクトレンズ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク以外)、スポーツ選手、ラセック

    手術前にメガネ・コンタクトレンズで困っていたことはありますか? 試合中に度々コンタクトレンズがずれたり、外れてしまうことがありました。そうなると対戦相手が見えにくかったり、タイマーが見えず時間やポイントが分らなく、集中できないこと・・・

    もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
    平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
    ※適応検査 / 説明会は、無料です。
    • 適応検査予約
    • 説明会予約
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
    • 当院の安全な医療への取り組み
    • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
    • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
    • ICL(アイシーエル)
    • プレミアムアイデザインレーシック
    • 適応検査
    • よく見られている体験談
    • 割引特典情報
    • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
    • 1Dayレーシック
    • セカンドオピニオン外来