渡辺 伸彦さんプレミアム アイレーシック®

渡辺 伸彦さん

職業阪神タイガース 打撃ピッチャー
視力
  • [右]0.21.5
  • [左]0.21.5

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード男性、痛そう、 視力回復するの?、メガネ、 コンタクトレンズ、術前の視力0.2〜0.6、仕事(デスクワーク以外)、 趣味(アウトドア)、スポーツ選手、プレミアム アイレーシック®

プロフィール

生年月日:1966年3月22日
出身地:兵庫県
身長:176cm/体重:64kg

【経歴】
益田東高校-阪神タイガース(1989-1993)-オリックス・ブルーウェーブ(1994-1997)-
横浜ベイスターズ(1998-2000)

体験談インタビュー

レーシックを受けようと思われた動機は?

中学校3年生くらいから視力が低下してきているのは気付いていましたが、野球をする時も他の生活の面でも、特に気にせず裸眼で過ごすことはできていたんですね。ただ、プロになった時に、球場によってはマウンドからキャッチャーのサインが見づらかったりして、これはよくないと思い、コンタクトレンズを使い始めました。

レーシックのことは、10年くらい前から何となく知っていました。他の球団の選手が受けたと聞いたこともあったのですが、その時はまだ受けようとは思えませんでしたね。でも、最近になって徐々に周囲でも受けた人が増えてきて、そうなるとレーシックの良い情報がたくさん聞こえてきて、安全だと言うこともよくわかってきたんです。そんな時に知人にもすすめられ、受けてみようと思い立ちました。

あと、よくよく考えてみると、この先コンタクトレンズやメガネにかかる費用を考えたら、絶対レーシックの方が安い! これは迷っている場合じゃないとも。いずれにしても、普段からメガネもコンタクトレンズも面倒くさかったんですよね。

手術当日はどんな気持ちでしたか?

しっかりと説明を受けていたのと、普段から緊張するタイプではないので、オペは特に恐くはなかったですね。手術もあっという間で、本当に早く終わりました。オペ室の天井には「目玉おやじ」がいたのを覚えています(笑)。目に少し圧迫感を感じた程度で、全然痛みもなく、みんなが言っていたことは間違いではなかったですね。

それよりも、事前の検査が綿密なことにと驚きました。体験者からは「オペは10分ほど」ということばかり聞かされていたので、「検査なんてちょちょいと終わって、すぐその日の内に手術ができる」みたいなイメージでした。どこか歯医者さんで治療する感覚だったように思います。

だから、実際にはすごく細かいことも調べてもらえて、逆により一層安心感が持てました。

視力矯正器具を使っていて困ったことは?

阪神タイガースでプレーしていた当時は、1週間連続装用のコンタクトレンズを使っていたんですね。でも、実際には外すのが面倒になって1週間以上付けっ放しというようなことも結構ありました。そしたら眼に傷が入ってしまい、コンタクトレンズが付けられなくなってしまったんです。

当然シーズン中ですから登板はあるわけです。当時の監督に、「メガネ買うて来い!」って言われました。そして、すぐにメガネを手に入れたんですが、やはりメガネではちゃんと投げられずに、結局、1週間試合に出してもらえず...。「このまま2軍に落ちたらどうしよう」と心配したことがありました(笑)。

レーシックを受けて良かったことは?

手術直後は、少しぼやけた見え方でした。手術の痛みも本当になかったんですが、私の場合は後で少し沁みる感じがして、眼がなかなか開けにくかったんですよね。

診察も終わって待ち合い室で待っていたら、段々と涙が出て止まらなくなってしまって、正直、「皆んなの話と違う!」って思ってたんです。人によってはそういうこともあるんですね。その日は、痛み止めの目薬を差してもらい帰宅し、帰る道中も目をつむったままで、その夜、家では早々に寝てしまいました(笑)。

それで翌日の朝起きて家の外を見た時に、初めてよく見えていることを実感して。本当に見える、すごいですね。当然今は、遠くまで良く見えているので、車を運転していてもずっと向こうの方を見るのが楽しくて仕方がないんです。あれも見える、これも見えるって感じで(笑)。

夜、高速道路を運転している時も、看板の情報が今までよりもすごく目に入ってきて運転がしやすい。もう、言うこと無しですね、すごく快適です。ゴルフに行った日も、以前はぼんやりしていて意識して見た記憶もないのですが、ゴルフ場に生えている木が1本1本くっきりと見えていたんです。

もし現役の時に、今くらいレーシックが普及をしていたら、絶対受けていたでしょうね。投げた自分のボールの回転も、よく見えていたんだろうなと思います。とにかく今は、練習の時にバッティングピッチャーとして投げるのが楽しみです。コンタクトレンズの時と違って、屋外での練習でも天候や風に影響されて見えにくくなることが なくなるでしょうからね。改めて、レーシックを受けることができて、本当に良かったと思います。

手術日:2009年1月

渡辺 伸彦さんと同じ術前視力の方の体験談

術前の視力が渡辺 伸彦さんと同じ0.2〜0.6の方の体験談を紹介します。

稲本 潤一さん 稲本 潤一さんプレミアム アイレーシック®

職業プロサッカー選手 川崎フロンターレ
エリア東京都
視力
  • [右]0.51.5
  • [左]1.21.5

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード男性、30代、コンタクトレンズ、術前の視力0.2〜0.6、スポーツ選手、プレミアム アイレーシック®

手術前にメガネ・コンタクトレンズで困っていたことはありますか? また視力回復手術を受けようと思ったきっかけをお聞かせください。 普段は、コンタクトレンズを使用していたんですが、俊敏な動きを求められる時に、コンタクトレ・・・

與 真司郎さん 與 真司郎さんプレミアム アイレーシック®

職業歌手 AAA
視力
  • [右]0.21.5
  • [左]0.71.5
  • ※視力の回復には個人差がございます。

    キーワード男性、痛そう、 視力回復するの?、 怖そう、コンタクトレンズ、術前の視力0.2〜0.6、仕事(デスクワーク以外)、 日常生活、肩こり、 眼精疲労、文化人・アーティスト、プレミアム アイレーシック®

    神戸神奈川アイクリニックを選ばれた理由 紹介をいただいたのが理由ですが、芸能界の友達からも「神戸神奈川アイクリニックはいいよ!!」という話を聞いており、受けるんなら神戸神奈川アイクリニックでと決めていました。 実際に来てみると病・・・

    黒田 博樹さん 黒田 博樹さんレーシック

    職業広島東洋カープ
    年齢

    33歳

    ※年齢は手術時のものです。

    視力
    • [右]0.32.0
    • [左]0.42.0

    ※視力の回復には個人差がございます。

    キーワード男性、30代、視力回復するの?、 怖そう、コンタクトレンズ、術前の視力0.2〜0.6、仕事(デスクワーク以外)、 日常生活、スポーツ選手、レーシック

    神戸神奈川アイクリニックを選ばれた理由は? 今回、メジャーリーグでプレーすることになったのを機にレーシックを受けようと決心しました。 コンタクトレンズだと毎日のケアに手間がかかることはもちろん、これまでもプレー中に不便を感じる・・・

    もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

    お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
    平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
    ※適応検査 / 説明会は、無料です。
    • 適応検査予約
    • 説明会予約
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
    • 当院の安全な医療への取り組み
    • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
    • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
    • ICL(アイシーエル)
    • プレミアムアイデザインレーシック
    • 適応検査
    • よく見られている体験談
    • 割引特典情報
    • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
    • 1Dayレーシック
    • セカンドオピニオン外来