岡田 正義さんプレミアム アイデザインレーシック

岡田 正義さん

職業サッカー審判員
年齢

54歳

※年齢は手術時のものです。

視力
  • [右]0.081.5
  • [左]0.082.0

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード男性、50代以上、痛そう、メガネ、 コンタクトレンズ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク以外)、スポーツ選手、プレミアム アイデザインレーシック

プロフィール

生年月日:1958年5月24日

東洋大学在学中の1977年、19歳で4級審判員資格を取得し、選手から審判員へと転向する。
1986年には1級審判員資格を取得し、日本リーグなどのトップリーグで笛を吹く。
Jリーグが開幕した1993年には国際主審に登録され、1998年のフランスワールドカップ、イングランド対チュニジア戦をはじめ、多くの国際試合で主審を務めた。

2002年、上川徹とともに日本サッカー協会(JFA)認定のスペシャルレフェリー(SR、現プロフェッショナルレフェリー:PR)第1号となった。

サッカーのワールドカップ(W杯)など多くの国際試合や、Jリーグ1部(J1)で300試合以上の主審を務め、優秀主審賞を3度受賞。日本協会が2007年に審判の50歳定年制を廃止したのに伴い現役を続け、2009年もJリーグの主審としてピッチに立つことになり、同年5月9日のJ1第11節・大分トリニータ-横浜F・マリノス戦(@九州石油ドーム)で初のJ/J1リーグ戦で主審担当300試合を達成した。
2010年12月4日、52歳で引退。現在、若手審判員の指導や育成に取り組んでいる。

体験談インタビュー

手術前にメガネ・コンタクトレンズで困っていたことはありますか?
また視力回復手術を受けようと思ったきっかけをお聞かせください。

岡田 正義さん

普段の生活はメガネ、試合の審判をするときはコンタクトレンズを使用していました。審判をする際、風が強いときなどはコンタクトレンズだと結構厳しかったですね。落としてしまうことはなかったのですが、ショボショボしたり痛みがあったりして煩わしく集中できない、というのはよくありました。

それにコンタクトレンズの普段のメンテナンスも面倒に感じていました。そんなとき、ちょうど仕事が事務中心から審判指導中心に変わるという話があり、「心機一転、自分も変わりたい!新しいスタートを切りたい!」と思い、レーシックを決断しました。

数あるクリニックの中から、当院をお選びくださった理由をお聞かせください。
実際に来院されて、当院の印象はいかがでしたか?

娘が神戸神奈川アイクリニックですでにレーシックを受けていたんです。
非常に経過などが良かったので、レーシックを受けるなら神戸神奈川アイクリニックで受けようと思っていました。

手術前、気になっていたことはありますか?実際に体験してみていかがでしたか?

手術を受ける前、そんなに不安はありませんでした。レーシックのことは昔から知っていましたが、当時は「本当に大丈夫な技術なのか?」という心配があって、今ひとつ信頼していませんでした。ただ、今の医療技術の高さは素晴らしいですし、この技術が30年前にあったら私はすぐに受けていたと思います。

手術1時間後に麻酔が切れて、タマネギ切った時のようなしみる感じがしばらくあったので辛くて寝ていたんですけど、 パッと起きたときに4時間ぐらい経っていて、そのときには痛みもなくよく見えてましたね。痛みがあってもその日だけと知っていましたし、何より娘の手術を見学して流れもわかっていたので、「今の自分の状態はまさにこの段階だ!」って、自分の頭の中で想像していました。

レーシックを受けて良かったことは?

日常生活でメガネを使わずに歩けたり、遠くのものがよく見えたりするのが嬉しいです。仕事はパソコンを使用することもあるので老眼鏡は必要ですが、それは説明を受けていて最初からわかっていたことですし、とにかく普段メガネが要らないっていうことが何より良いですね。あとは以前、風呂に入るときはメガネを外すのでぼんやりした感じでしたが、それがなくなったのが嬉しいです。

自分がプレーしたり審判したりするときに、コンタクトレンズをつける手間が省けるのもメリットです。もうすでに、Jリーグの試合で観客席の一番高いところから審判の採点をしてレポートを書く、というような仕事をしたのですが、遠くの動きまでよく見えましたね。メモするときは老眼鏡が必要ですが(苦笑)。やはり正しい判定をするためにはハッキリ見えないとダメですね。

岡田 正義さん

審判研修会でも、スポーツビジョンを研究している方が来て正視力や動体視力を測定したりするんですよ。 とにかく何が一番大切かというと正視力。まずは見えていないとダメなんですよね。

審判でも海外に行くことが多くあり、その際に地元サッカー協会が空港まで迎えに来てくれるんです。 そのとき、メガネ姿ではサッカー協会の方に会えないんですよね。機内では長距離ということもあり皆メガネですけど、到着する前にコンタクトレンズをつけて地元サッカー協会の出迎えを受けなければならないんです。

もしメガネをかけていたりすると、「お前大丈夫なのか?」と見られてしまうんです。要は「メガネをかけているレフェリーは信用できない」というのが審判の世界なんですよね。レーシックを受けてから、気にしなくて良くなったのは嬉しいですね。つい先日も審判講習のためスイスに行ったのですが、機内でコンタクトレンズを付ける必要がなかったのでとても快適でした。

視力回復手術に興味がある人へメッセージをお願いいたします。

今は審判を指導している側ですが、先日のトレーニングキャンプなどでレーシックを受けたことを話したら、興味を持つ審判が複数いましたね。何人かレーシックを受ける審判が出てきそうですが、とにかく適応検査を受けてみないことには先に進まないので、やるやらないと悩む前に、まずは検査だけでも受けてみることをおすすめします。

岡田 正義さんと同じ50代以上の体験談

岡田 正義さんと同じ50代以上の方の体験談を紹介します。

平田 進也さん 平田 進也さんレーシック

職業ツアーコンダクター
年齢

51歳

※年齢は手術時のものです。

視力
  • [右]0.41.5
  • [左]0.151.5

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード男性、50代以上、痛そう、 視力回復するの?、 怖そう、メガネ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク以外)、 日常生活、 趣味(アウトドア)、文化人・アーティスト、レーシック

神戸神奈川アイクリニックを選ばれた理由は? 創業者の吉田さんとは長いおつき合いをさせてもらっており、以前からレーシックについていろいろ話を伺っていました。先生自らが経験者で信頼もあり、神戸神奈川アイクリニックを選ぶのはごく当然の・・・

春日 順一さん 春日 順一さん老眼治療

年齢

57歳

※年齢は手術時のものです。

視力
  • [右]0.81.5(近方視力0.8
  • [左]1.01.5(近方視力0.8

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード男性、50代以上、痛そう、老眼、術前の視力0.7以上、老眼治療

裸眼でできるものをお聞かせください。 文庫本を読む○辞書や新聞の株式欄を読む○ メモを取る○携帯電話を使う○ レストランのメニューを読む○料理をする○ パソコン画面を見る○   手術前にメガ・・・

渋谷 克行さん 渋谷 克行さん老眼治療

職業自動車部品製造業 会社員
年齢

58歳

※年齢は手術時のものです。

エリア東京都
視力
  • [右]0.5→遠方視力1.5 近方視力1.0
  • [左]0.2→遠方視力1.5 近方視力1.0
  • [術後両眼] 遠方視力2.0 近方視力1.0

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード男性、50代以上、視力回復するの?、 怖そう、老眼、 白内障、術前の視力0.2〜0.6、仕事(デスクワーク以外)、 日常生活、 趣味(アウトドア)、眼精疲労、会社員・団体職員、老眼治療

これからの充実した人生のために受けて、とても満足しています! 遠近両用眼鏡と遠視用の眼鏡、煩わしい! 私が老眼になり始めたのは、46、7歳頃からでそれまでは本当によく見えていました。薄い老眼鏡からだんだん度が増してきて・・・

岡田 正義さんと同じ術前視力の方の体験談

術前の視力が岡田 正義さんと同じ0.08〜0.15の方の体験談を紹介します。

星 景子さん 星 景子さんICL/フェイキックIOL

職業会社員
視力
  • [右]0.092.0
  • [左]0.092.0

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード女性、30代、痛そう、 怖そう、メガネ、 コンタクトレンズ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク)、 趣味(アウトドア)、会社員・団体職員、ICL/フェイキックIOL

メガネやコンタクトレンズで不便だったことはありますか? コンタクトをするとドライアイになってしまい、目薬が手放せないだけではなく、仕事はデスクワークで、1日中PCと向かい合っているため、ドライアイとPCによる目の疲れで頭痛・・・

朝日 健太郎さん 朝日 健太郎さんプレミアム アイレーシック®

職業元ビーチバレー選手
視力
  • [右]0.081.5
  • [左]0.081.5

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード男性、視力回復するの?、 怖そう、コンタクトレンズ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク以外)、スポーツ選手、プレミアム アイレーシック®

レーシックを受けようと思われた動機は? 10年以上前から新聞やインターネットなどでレーシックを知っていて、ずっと興味はあったんですが、受けるきっかけがなかったんですよね。 レーシックを受けるには時間が必要だとか聞いていたりして・・・

松田 祐輔さん 松田 祐輔さんプレミアム アイレーシック®

職業ピアニスト
年齢

31歳

※年齢は手術時のものです。

視力
  • [右]0.11.5
  • [左]0.11.5

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード男性、30代、仕事に差し障りがありそう、メガネ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク以外)、文化人・アーティスト、プレミアム アイレーシック®

手術前にメガネ・コンタクトレンズで困っていたことはありますか? メガネは特注で作っておりましてこだわりの逸品を使っておりました。フレームは極限まで軽くし、目に負担のない絶妙な度数設定、レンズも最高級。しかし、やはりメガネの煩わしさ・・・

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
  • 当院の安全な医療への取り組み
  • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
  • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
  • ICL(アイシーエル)
  • プレミアムアイデザインレーシック
  • 適応検査
  • よく見られている体験談
  • 割引特典情報
  • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
  • 1Dayレーシック
  • セカンドオピニオン外来