玉田 圭司さんエピレーシック

玉田 圭司さん

職業プロサッカー選手 名古屋グランパス
年齢

24歳

※年齢は手術時のものです。

視力
  • [右]0.11.2
  • [左]0.11.2

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード男性、20代以下、痛そう、 怖そう、コンタクトレンズ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク以外)、スポーツ選手、エピレーシック

プロフィール

1980年4月11日、千葉県生まれ。現在、名古屋グランパスに所属。
1999年、柏レイソルに入団。2004年には2年連続2桁ゴールを挙げるなど柏のエースストライカーとして急成長。ドイツワールドカップ本大会の日本代表メンバーにも選出され、先制点となる得点をあげた。

経歴
 習志野高等学校
 柏レイソル(1999~2005)
 名古屋グランパス(2006~)

体験談インタビュー

レーシックを受けようと思ったきっかけは何ですか?

スタッフ
玉田選手がレーシックを知ったのはいつ頃ですか。

玉田
中学生くらいの時です。ただ、当時スポーツ選手は受けられないと聞いて「サッカーをしてる僕はダメなんだ」って、かなりショックでしたね。

スタッフ
そうでしたか。では、受けられると知った時はどうでしたか。

玉田
即決でしたね。子供の頃から目が良くなるのが夢って感じで、すごく憧れていたんですよ。

スタッフ
確かに、神戸神奈川アイクリニックのスタッフが玉田選手のチームの方々に説明会を行った時、一番熱心に聞いておられましたよね。

玉田
僕が受けられると知ったのはこの時だったんです。ずっと目が良くなる方法はないかなって思っていましたから、うれしかったですね。痛みや失敗はないかはやはり気になりましたから、不安に感じることは全部聞いておきたいなって思って。

スタッフ
目が良くなることに憧れていたという事ですか。

玉田
とにかくサッカーに集中するために煩わしいことをできる限り排除したかったんです。エピレーシックのお話をいただいた時は、まったく迷いなく本当に即決でした。

コンタクトレンズを使用していて困ったことはありましたか?

スタッフ
手術前はコンタクトレンズを使用していたんですか。

玉田
はいそうです。寝る前に外すのが面倒くさくて。

スタッフ
寝る前の面倒さは皆さんおっしゃいますね。

玉田
僕は、適当なところがあって(笑)。駄目だと分かっていても、長時間着けたままだったり、うっかり着けたまま寝てしまって、起きたら乾燥してゴロゴロして。それに、コンタクトレンズは目に傷がつくのが怖かったですしね。

スタッフ
では、プレー中に気になったことはありましたか。

玉田
汗が目に流れ込んでしみることがあるんですが、コンタクトレンズが外れるのではないかと気になって拭えないんですよね。

スタッフ
コンタクトレンズが外れたことはなかったですか。

玉田
僕の場合はなかったですが、選手の中には外れてしまった人がいて、人ごとじゃないなって思いましたね。頭から水をかけたりする時や、プレー中に顔がぶつかったりする時も外れないか気になったり。

スタッフ
ワールドカップアジア最終予選もまもなくですね。海外に行く時とか、風土の違いとか、視力が悪いと困りませんでしたか。

玉田
海外遠征で飛行機に乗る時にも、コンタクトレンズは煩わしかったですね。寝る前にはずして、到着する直前にまた着けてって、そのタイミングも面倒くさくて。

スタッフ
とにかく、コンタクトレンズに悩まされてきたわけですね(笑)。

手術当日は緊張されましたか?

スタッフ
玉田選手はエピレーシックでしたね。

玉田
はい。サッカーで強くぶつかったりするので、エピレーシックの方がフラップがなくて良いと思ったんです。

スタッフ
手術に対する恐怖心はなかったですか。

玉田
あらかじめ手術について詳しく聞いていたので大丈夫でした。ホームページやパンフレットで他の人の体験談も読んでいて、怖さはなかったですね。

スタッフ
手術中も緊張されなかったんですね。

玉田
しなかったですね。手術自体も一瞬で、1分くらいの印象。痛みもまったくなくて平気でした。あえていうなら、手術前の麻酔の目薬が気持ち悪かったです(笑)。

エピレーシックを受けた後は、どんな風に生活が変わりましたか?

スタッフ
では、普段の生活で変わったことはどんなことでしょう。

玉田
生活が劇的に変化したわけではないですが、寝る前の楽さはまったく違いますね。それに、車の運転が気持ちいいなって思うようになりました。あと、心がけとして目を清潔にしようとか、疲れないようにしようと気遣うようになりましたね。

スタッフ
プレーに変化はありましたか。

玉田
プレーに集中できますね。もちろん、コンタクトレンズ時代も集中してなかったわけではないですが、どこか無意識に目のことを気にしていたかもしれない。今はそんなことが全くなくて快適です。

では、レーシックを迷っておられる方にメッセージをお願いします。

スタッフ
今はまだ受けていない選手に受けてほしいとは思いますか。

玉田
僕の目ではないので、受けてほしいとは言わないまでも、受けた方がいいよとはよく言ってますね。自分は受ける前にいろいろ調べてメリットを知っていたんですが、受けていない選手はレーシックの安全性とかを知らないままで、きっとどこか恐怖心があるんでしょうね。

スタッフ
では、これから受ける方にひと言お願いします。

玉田
僕自身はエピレーシックを受けてから3年以上たちますが、まったく問題なく、裸眼生活は快適です。迷っている方には、もう一歩踏み込んでほしいなと思います。不安があれば、レーシックについての情報を集めたり、相談してみるといいですよ。術後のケアもしっかりしているので、安心です。

スタッフ
貴重なアドバイスありがとうございます。これからも頑張ってください。応援しています。

手術日:2006年12月

玉田 圭司さんと同じ20代以下の体験談

玉田 圭司さんと同じ20代以下の方の体験談を紹介します。

美波さん 美波さんエピレーシック

職業女優
年齢

22歳

※年齢は手術時のものです。

視力
  • [右]0.031.5
  • [左]0.031.5

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード女性、20代以下、痛そう、 視力回復するの?、 怖そう、コンタクトレンズ、術前の視力0.03〜0.07、仕事(デスクワーク以外)、 日常生活、 趣味(アウトドア)、文化人・アーティスト、エピレーシック

神戸神奈川アイクリニックを選ばれた理由は? わたしが所属しているホリプロではすでにマネージャーのひとりの方が神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けていて、自分も受けたいなと思っていたとき紹介されました。実際に検査に来てみると・・・

鈴木 彩加さん 鈴木 彩加さんICL/フェイキックIOL

職業プロボディボーダー
年齢

21歳

※年齢は手術時のものです。

視力
  • [右]0.051.5
  • [左]0.061.5

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード女性、20代以下、仕事に差し障りがありそう、コンタクトレンズ、術前の視力0.03〜0.07、仕事(デスクワーク以外)、スポーツ選手、ICL/フェイキックIOL

手術前にメガネ・コンタクトレンズで困っていたことはありますか? コンタクトレンズを一日中着用していたため、目の疲労がひどかったです。また、コンタクトを外している起床、就寝の際には目が見えなくなってしまうため困っていました。私はボデ・・・

高山 香織さん 高山 香織さんレーシック

職業アナウンサー
年齢

28歳

※年齢は手術時のものです。

視力
  • [右]0.091.5
  • [左]0.11.5

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード女性、20代以下、視力回復するの?、 怖そう、コンタクトレンズ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク以外)、 日常生活、文化人・アーティスト、 会社員・団体職員、レーシック

神戸神奈川アイクリニックを選ばれた理由は? 単純に紹介されたからですね。もちろんレーシックには以前から興味は持っていたので、いろいろとホームページなど見てはいました。そんな中で神戸神奈川アイクリニックはスポーツ選手がたくさん受け・・・

玉田 圭司さんと同じ術前視力の方の体験談

術前の視力が玉田 圭司さんと同じ0.08〜0.15の方の体験談を紹介します。

井上 康生さん 井上 康生さんエピレーシック

職業柔道家(東海大学体育学部武道学科専任講師・柔道部副監督)
視力
  • [右]0.151.2
  • [左]0.61.2

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード男性、視力回復するの?、 怖そう、裸眼、 メガネ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク)、 仕事(デスクワーク以外)、 日常生活、眼精疲労、スポーツ選手、 文化人・アーティスト、エピレーシック

神戸神奈川アイクリニックを選ばれた理由 妻(東原亜希さん)が先に神戸神奈川アイクリニックで手術していて良かったと聞いていたので受けることにしました。 もともとコンタクトもメガネも好きではなくて普段は裸眼ですごしていました。車の・・・

八木 早希さん 八木 早希さんレーシック

職業フリーアナウンサー
年齢

30歳

※年齢は手術時のものです。

視力
  • [右]0.21.5
  • [左]0.11.5

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード女性、30代、痛そう、 視力回復するの?、コンタクトレンズ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク以外)、 日常生活、肩こり、 眼精疲労、文化人・アーティスト、レーシック

神戸神奈川アイクリニックを選ばれた理由は? やしきたかじんさんに神戸神奈川アイクリニックを紹介していただいたからです。最近手術が趣味になってしまったやしきたかじんさんが、視力の悪さを以前から嘆いていて、ずっと気になっていたレーシ・・・

吉田 優也さん 吉田 優也さんラセック

職業柔道家
視力
  • [右]0.071.5
  • [左]0.081.5

※視力の回復には個人差がございます。

キーワード男性、20代以下、視力回復するの?、コンタクトレンズ、術前の視力0.08〜0.15、仕事(デスクワーク以外)、スポーツ選手、ラセック

手術前にメガネ・コンタクトレンズで困っていたことはありますか? 試合中に度々コンタクトレンズがずれたり、外れてしまうことがありました。そうなると対戦相手が見えにくかったり、タイマーが見えず時間やポイントが分らなく、集中できないこと・・・

もっと詳しく知りたい、じっくり検討したい方は、お電話、Eメールでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-049-035
平日:9:30?20:00 土日祝:9:30?19:00
※適応検査 / 説明会は、無料です。
  • 適応検査予約
  • 説明会予約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 厚生労働省認定・先進医療実施施設
  • 当院の安全な医療への取り組み
  • 昨今のレーシックの報道における、学会及び当院の見解
  • 安心・安全のアフターケア TOTALCare
  • ICL(アイシーエル)
  • プレミアムアイデザインレーシック
  • 適応検査
  • よく見られている体験談
  • 割引特典情報
  • 土日祝日も診療・一般眼科保険診療
  • 1Dayレーシック
  • セカンドオピニオン外来