白内障・老眼治療

白内障治療について

白内障は、眼科を受診し診察を受ければすぐにわかります。現在、国内では数種類の白内障治療薬が使われていますが、白内障治療薬には白内障の進行を抑える作用はあるものの、水晶体に発生した濁りを取り除くことができないため、白内障の根本的な治療は主に手術で行われます。
当院の適応検査は無料です。

白内障

白内障とは、加齢などの原因によって眼の中の水晶体が濁る状態をいいます。正常な水晶体は透明で光を通しますが、白内障になると水晶体が濁るため、光の通りが悪い状態になり、視力が低下します。

白内障の見え方

白内障により水晶体が濁ると、「かすんで見える」「もやがかかっている」「まぶしい」などの症状が出て、視力が低下していきます。水晶体の濁りは、50歳代で約50%、60歳代で約80%、70歳代で約90%、80歳代ではほぼ100%の方に見られるといわれています。

  • 正常な見え方

    正常な見え方

  • 白内障の見え方

    白内障の見え方

白内障の原因・予防

白内障は年齢を重ねると、だれにでも起こりうる目の病気ですが、初期の頃はあまり自覚症状がありません。
白内障の原因と予防方法をご紹介します。

白内障の原因

主な原因としては加齢によるものが多く、一般的には老人性白内障と呼ばれています。 加齢に伴う変化に加え、紫外線や生活習慣により、皮質の混濁、核の硬化などが進行します。 初期の頃は自覚症状はほとんどありませんが、瞳孔を開く検査(散瞳検査)で水晶体を診察すると、早い人では40代から、80代では大部分の人で白内障が発見されます。

その他の原因として、先天的なもの、外傷・アトピーによるもの、薬剤・放射線によるもの、そして他の目の病気(炎症)に続いて起こるものなどが挙げられます。水晶体が濁り始めると、水晶体で光が散乱するため、霞んだり、物が二重に見えたり、まぶしく見えるなどの症状が出現し、進行すれば視力が低下し、眼鏡でも矯正できなくなります。

白内障の予防

紫外線は細胞の酸化を促進し白内障を誘発させますので、サングラスを掛けるなどして紫外線から眼を守るようにしてください。その他、偏食・運動不足・喫煙・ストレスも白内障発症の原因となることがありますので、生活習慣を見直すことも必要です。
また、抗酸化栄養素であるビタミンCの摂取が白内障発症を予防するとも言われています。

当院の白内障治療

当院では、白内障だけでなく老眼治療にも対応した、最先端の「遠近両用白内障手術」を採用しています。

今までの白内障治療との違い

従来の白内障治療では、単焦点眼内レンズ(ピントがひとつのレンズ)を使用しているため、手術後、遠くは見えるものの、近くを見るときは老眼鏡が必要になるといった煩わしさがありました。

一方、当院が「遠近両用白内障手術」で使用している多焦点眼内レンズは、遠くの距離と近くの距離にピントを合わせられるように加工されているため、手術後は老眼鏡の使用頻度を格段に減らすことが可能です。従来の白内障手術では実現できなかった、「遠くも近くも見える」画期的な手術です。

当院で使用する2種類の眼内レンズ

単焦点眼内レンズについて


単焦点眼内レンズの見え方(イメージ)

単焦点眼内レンズは、1つの距離(遠くまたは近く)にピントを合わせたレンズです。1つの距離にしかピントが合わないため、遠くも近くも見えるというわけではなく、遠くにピントを合わせると、手元を見るときには老眼鏡が必要になります。一方、単焦点眼内レンズは多焦点眼内レンズに比べ、暗い所での見え方がはっきりしているという特性があるなど必ずしも多焦点眼内レンズが良いというものではありません。
どちらのレンズが適しているかは、一人ひとりの眼の状態やライフスタイルによって異なりますので、医師が診察のうえ、患者様にあった最適なものを提案させていただきます。

多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)について

多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)について
多焦点眼内レンズの見え方(イメージ)

当院の遠近両用白内障手術で使用している多焦点眼内レンズです。遠くの距離と近くの距離にピントを合わせることができるように加工されているため、老眼鏡を使う頻度を減らすことが可能です。当院では、数種類の眼内レンズを使用しており、一人ひとりの眼の状態やライフスタイルをふまえて、最適なレンズを選択します。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

レンズ外観 レンズ外観 レンズ外観 レンズ外観
名称 ファインビジョン テクニスマルチフォーカル SBL-3
製造元 PhysIOL社
(ベルギー)
AMO社
(アメリカ)
Lenstec社
(アメリカ)
乱視矯正 あり なし なし
焦点の数 3焦点(遠中近) 2焦点(遠近) 2焦点(遠中)
遠く
中間
近く
夜間視力
おすすめ
  • できるだけ老眼鏡をかけたくない方
  • 遠く、中間、近くのすべての見え方にこだわる方
  • 乱視の強い方
  • 近くの見え方が重要な方
  • 夜間運転を行わない方
  • 近くより中間距離の見え方が重要な方

こういった方にオススメです

  • 老眼鏡を使う頻度を軽減させたい方
  • 白内障と同時に老眼を治療したい方

老眼も治療できる白内障手術

従来の白内障手術で使用するレンズは、単焦点(ピントがひとつ)のため、手術後、遠くは見えるものの、近くを見るときは老眼鏡が必要でした。
「遠近両用白内障手術」で使用するレンズは、多焦点(ピントが複数)のため、手術後は遠くも近くも見えるようになり、白内障だけでなく老眼も治療可能です。
手術方法は、従来の白内障手術とまったく同じですから、経験豊富な眼科専門医が行えば安全性が非常に高い手術と言えます。

遠近両用白内障手術では国内症例数トップクラス

「遠近両用白内障手術」における症例数は国内トップクラスを誇ります。当院では、レーシックなどのレーザーによる視力回復手術の経験のみならず、白内障手術や緑内障手術の経験も豊富に積んだ眼科専門医が執刀を行います。高度な医療技術が要求される「遠近両用白内障手術」は、国内トップクラスの症例数を誇る当院にお任せください。

先端治療!レーザーによる乱視矯正が可能に

乱視がある方でも、手術後に良好な視力を得られるよう、乱視の度数によって2種類の乱視矯正を用意しております。従来の白内障手術では、角膜の一部をメスで切開して乱視を矯正していましたが、当院はレーザーで行います。
レーザーなら角膜表面を切開することなく、安全かつ精度の高い乱視矯正が可能です。また、乱視の強い方には、乱視用の多焦点眼内レンズをオススメしております。

※当院で乱視矯正に使用しているレーザーは、厚生労働省認可の機器を使用しております。

遠近両用白内障手術術式概要

料金

ファインビジョン

  • 乱視なし両眼108万円(税込)
  • 乱視あり両眼+10万円(税込)

テクニスマルチフォーカル 先進医療対応レンズ

  • 乱視なし両眼88万円(税込)

SBL-3

  • 乱視なし両眼78万円(税込)
保証期間 3年間
※保証期間内のレーシックによる追加矯正は無料です。
プラン 手術翌日、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後

白内障手術後の注意

白内障手術後は、日常生活においてさまざまな注意点があります。特に手術後1週間は、洗顔や洗髪、飲酒、運動、車の運転などが制限されますので、注意点を守って慎重に過ごすようにしてください。1週間を過ぎればほとんど手術前と同じ日常生活が送れるようになりますが、引き続き、点眼薬でしっかり眼のケアを行うようにしてください。

眼の保護

手術後1週間は、外出時にゴミや予期せぬ衝撃から眼をまもるため、保護用メガネを装用してください。

シャワー、入浴、洗顔、洗髪

  • 手術当日は肩から下のシャワーのみ可能です。顔は目の周りを避けて軽く拭く程度にしてください。
  • 入浴、洗顔、洗髪は翌々日の検診後から可能です。2.3日は目の中に水が入らないように注意してください。
  • 温泉、サウナは1週間(できれば2週間)お控えください。

仕事

  • たいていのお仕事は翌々日から可能となりますが、職種によって異なります。
  • 1週間くらいは重いものを持たないようにしてください。

車の運転

視力が回復した時点で運転可能ですが、見え方に慣れるまでの間、特に夜間の運転は十分に注意してください。

  • ジョギングなど軽いスポーツは1週間お控えください。
  • 目をぶつけたり汚したりする恐れのあるスポーツ(球技や水泳など)は1ヵ月程度お控えください。

白内障についてよくある質問

お客様から多く寄せられている質問を掲載しています。疑問が解決しない場合は、お問い合わせフォーム、またはお客様相談センター0120-049-035(通話料無料)までお問い合わせください。

最近、よく見られている質問

白内障は何歳頃から始まりますか?
白内障とは、加齢により眼の中の水晶体が濁る状態のことです。早い方で50歳代前半からはじまります。水晶体は50歳ころから徐々に濁りはじめ、50歳代で約50%、60歳代で約80%、70歳代で約90%、80歳代でほぼ100%の方に濁りが見られると言われています。
また、加齢による白内障とは違いますが、稀に20代の方でも若年性白内障を発症することもあります。
白内障の初期症状はどのような症状がありますか?
白内障の主な初期症状は、「目がかすむ」「物が二重に見える」「まぶしい」「視力低下」です。このような症状を感じたら、早めに眼科を受診されることをおすすめします。
入院をせずに白内障の手術を受けることができますか?
はい。クリニックにもよりますが、入院をせずに白内障の手術を受けることができます。当院の白内障手術は入院不要です。手術は日を分けて、片眼ずつ行い、最短で翌日に可能です。
白内障手術に費用はどのくらいかかりますか?
保険診療で白内障手術を行った場合の手術費用は、平均片眼5~6万円程度(健康保険3割負担の場合)が多いようです。当院で行っている「遠近両用白内障手術」は健康保険が適用されない自由診療です。料金は下記よりご確認いただけます。
なお、医療保険や生命保険の手術給付金が適用される場合がありますので、詳しくは加入されている保険会社にご確認ください。
白内障は目薬で治りますか?
目薬で白内障の進行を抑えることはできますが、白内障を治す(水晶体の濁りを取り除く)ことはできません。白内障を治療するには、手術が必要です。