2010年の学会資料・文献情報

2010年の学会資料・文献情報

世界各国では、眼科関連学会などを中心にレーシックに関する研究報告や意見交換など、年間を通してさまざまな情報が発表されています。当クリニックの医師も眼科医療のさらなる発展に貢献すべく、積極的に参加・発表を行っています。こちらでは、とくに注目すべき情報をお伝えしていきます。

名称 第49回 日本白内障学会
第25回 日本眼内レンズ屈折手術学会
日時 2010年6月 25 日〜27日
会場大阪国際会議場
概要

「乱視付き多焦点眼内レンズの術後成績」(北澤医師
「偏心照射例に対するTopography-guided LASIKの治療効果」(安田医師)

名称 ASCRS(米国白内障・屈折矯正手術学会)2010
日時 2010年4月 9日
会場ボストンコンベンション&エキシビジョンセンター(アメリカ/ボストン)
概要

「Bioptics with Intrastromal Corneal Ring Segments (KeraringTM) and Phakic IOL for Ectatic Corneas」(安田医師)

名称 第34回 角膜カンファランス
第26回 日本角膜移植学会
日時 2010年2月 11 日〜13日
会場仙台国際センター
概要

「LASIK後の再発性角膜びらんに対する、角膜上皮剥離術の治療効果」(安田医師)
「LASIK後のkeratectasiaに角膜内リングを挿入した3症例」(村野医師)

名称 第33回日本眼科手術学会
日時 2010年1月 22 日〜24日
会場東京国際フォーラム
概要

「Laser in situ keratomileusis(LASIK)におけるセントレーション」(北澤医師)
「角膜形状不正眼に対する角膜内リングの治療効果と改善因子」(安田医師)