2014年の学会資料・文献情報

2014年の学会資料・文献情報

世界各国では、眼科関連学会などを中心にレーシックに関する研究報告や意見交換など、年間を通してさまざまな情報が発表されています。当クリニックの医師も眼科医療のさらなる発展に貢献すべく、積極的に参加・発表を行っています。こちらでは、とくに注目すべき情報をお伝えしていきます。

名称 第29回JSCRS学術総会(日本白内障屈折矯正手術学会)
日時 2014年7月 11 日~13日
会場福岡国際会議場
概要

「ICLとホールICLの比較検討」(北澤医師

名称 アイシーエルKS-AquaPORT 新製品発表会
日時 2014年3月 29日
会場パークハイアット東京
概要

「ICL vs LASIK」(北澤医師

詳しくはこちら


名称 第4回アイセミナーフォーラム
日時 2014年3月 15日
会場ルシャスリヨン
概要

ここまできた!屈折矯正手術(北澤医師

名称 新・眼科診療アップデートセミナー2014
日時 2014年3月 8 日~9日
会場ウェスティン都ホテル京都
概要

屈折矯正手術を考える-LASIKとPhakic IOL(有水晶体眼内レンズ)(北澤医師

名称 第19回日本集団災害医学会総会
日時 2014年2月 25 日~26日
会場東京国際フォーラム
概要

災害対処と屈折矯正手術について-東日本大震災におけるレーシック後の公務員のパフォーマンス調査-(澤井医師

詳しくはこちら


名称 第37回日本眼科手術学会学術総会
日時 2014年1月 17 日~19日
会場国立京都国際会館
概要

多焦点眼内レンズ白内障手術時の乱視矯正(北澤医師
屈折型角膜インレー(Flexivue MicrolensR)での老視治療初期成績(安田医師)