コンタクトレンズとのコストの比較

レーシックとコンタクトレンズとのコストの比較

レーシックを検討するときに気になるのがコンタクトレンズとのコストの比較。結論からいうと、長期的に考えればレーシックの方がはるかに経済的。さらに、花粉症の方にとってはつらいコンタクトレンズから開放されるなど、レーシックには大きなメリットがあります。

コストの比較

たとえば、2ウィークタイプのコンタクトレンズをケア用品も含めて10年間使い続けた場合、そのコストはおよそ42万円もかかってしまいます。また日々のケアコストや検査費なども別途必要となり、さらには紛失や破損といった予期せぬトラブルまで考慮すると、そのコストは一層高くなっていくと考えられます。

2ウィークタイプのコンタクトレンズを使用した場合のコスト
2ウィークタイプのコンタクトレンズを使用した場合のコスト

※使い捨て2ウィークタイプのコンタクトレンズとケア用品を1年間使用した場合にかかるコスト4万2,000円=2ウィークタイプのコンタクトレンズ:定価3,750円/1箱6枚入り×8箱、ケア用品:定価1,000円×12本と想定。眼科への受診料は含まず

メリットとデメリットの比較

コンタクトレンズには角膜への負担、手入れが面倒といったデメリットがありますが、使い捨てや頻回交換タイプの登場によって、安全性や取り扱いへの改良が進んでいます。
これに対し、レーシックは不安・高いといったイメージもあるようですが、レーシックは半永久的な矯正手段。安全面はもちろん、コスト面から見ても、長期的に考えればコンタクトレンズよりもメリットは多いと考えられます。

なお、当院では、手術後の定期検診が無料といったアフターケアを実施しているため、コスト面でのメリットはさらに大きくなると考えられます。

  メリット デメリット
コンタクトレンズ
  • 1日使い捨てタイプなら手入れ不要
  • 度数に合わせてレンズ交換可能
  • 角膜などへの負担
  • 充血や異物感
  • 旅行、入浴時、スポーツなど生活面での不便
  • 手入れの必要性
  • 長期使用におけるコスト高
レーシック
  • メンテナンス不要
  • クリアな視界
  • 旅行、入浴時、スポーツなど生活面での利便性
  • 頭痛や花粉症など身体的ストレスなし
  • 手術決断への戸惑いや不安
  • 夜間などは一時的に見えづらい

手術一連の流れ