お問い合わせ(毎週火曜・年末年始休業)0120-049-03510:30~19:00(日・祝 10:30~18:00)

料金をおさえるために

料金をおさえるために取り組んでいること

健康保険が適用される保険診療とは異なり、クリニック側が料金を自由に設定できる「自由診療」扱いとなるレーシック。そのためクリニックによっては料金に大きな差があるのも事実。当院では、お客様に過度な負担をかけない料金で世界最高水準の視力回復手術を受けていただくため、過剰な利益やムダなコストをなくす取り組みを行っています。

料金設定を左右するさまざまなコスト

手術料金の中には、おもに消耗品および設備機器費、人件費、広告費、利益などが含まれます。これらをどのように調整するかが、料金設定の重要なポイントとなります。

消耗品および設備機器費について

レーシックをはじめとする視力回復手術は、手術のたびに一定の消耗品が発生します。この点において、当院ではコスト削減よりも安全性と衛生面を優先し、使い捨て(ディスポーザブル)の手術器具を多数採用しています。また、エキシマレーザーといった医療機器や設備についても、すべて厚生労働省承認の信頼性の高いメーカーの正規新品を導入しています。

医療機器について

人件費について

1回の手術における医師や看護師などの人数は、クリニックによってさほど差はないもの。当院では、事務処理における正確性向上、効率化、最適な人員配置など、常に最善を尽くしています。また、所属する医師や検査員の多さよりも、高い技術を持った眼科専門医と十分な研修制度を経た視能訓練士・看護師などが所属することを重要視し、より効率的な運営を実現しています。

広告費について

自由診療の医療機関を運営する上で、ある一定量の広告や広報活動は欠かせません。しかし、広告費が増えれば、それだけ料金に反映されることにもなります。当院では、お客様からのご紹介で来院されるお客様が最も多く、同規模の他院と比べても広告費が比較的抑えられるため、高い水準の手術でも、ある一定の料金におさえられています。

利益について

どのクリニックも例外なく手術料金の中に利益が含まれます。しかし、当院の場合、より多くのお客様に来院いただいているため、手術一件あたりの利益幅を低く設定することが可能になりました。

手術費用の内訳(イメージ)