乱視でもレーシック手術を受けることができますか?

よくある質問

乱視矯正
乱視でもレーシック手術を受けることができますか?

乱視をお持ちの方でも、レーシックで矯正することができます。

現在、使用中のメガネやコンタクトレンズで、乱視を矯正できていらっしゃれば「レーシック」によって、同様に矯正可能です。

そもそも乱視とは、角膜にゆがみのある状態をいいます。

本来、乱視の無い正視の方の眼はテニスボールのような球形ですが、乱視の人の眼は、球ではなく、ラグビーボールのような楕円な球形になっています。そのために、その角膜から入ってくる映像がゆがみ、見るモノがぼやけたり、2重3重に見えたりします。この状態が「乱視」です。

レーシックでは正確にピントが合うように角膜の歪んでいる部分をレーザーで削り、乱視を矯正します。