レーシック手術を受けられない状態、疾患などはありますか?

よくある質問

レーシック手術を受けられない状態、疾患
レーシック手術を受けられない状態、疾患などはありますか?

全身に重篤な病気をお持ちの方: 重度な糖尿病、膠原病などがある方。

眼の病気の方:白内障、網膜疾患、緑内障など。

※症状によっては、手術可能なケースもあります。

妊娠・授乳中の方、その他精神系やホルモン系の薬を服用されている方はレーシック・エピレーシック・PRK・ラセックの適応から外れる場合があります。

治療中のご病気がある方は、適応検査にお越しいただく前に、以下の項目を診療情報提供書として主治医に記載していただき、検査当日にお持ちいただいた上での判断となります。


診療情報提供書に記載していただく項目

  1. 診断名・これまでの治療経過・現在の症状
  2. お薬の処方があれば、服用期間・種類・量
  3. レーザー屈折矯正手術(レーシックの正式名称)の許可

※通院・加療中のお客様の場合は、当院での適応判断以外に、通院先の主治医の判断で、レーシックを受ける事で現在の治療に影響を与えないかどうかの確認が必要になります。その際は、レーシックでは、手術中・手術後の一定期間、ステロイド点眼薬を使用することを先生にお伝えください。

上記の内容が記載されている診療情報提供書であれば、特に書式は問いませんので、通院先の病院でご用意していただいたものをお持ちください。