コンタクトレンズを使用していて、レーシック手術を受ける場合、どんな準備が必要でしょうか?

よくある質問

レーシック手術前のコンタクトレンズ使用制限
コンタクトレンズを使用していて、レーシック手術を受ける場合、どんな準備が必要でしょうか?

コンタクトレンズを使用している方は、角膜にコンタクトレンズの影響がございますので、本来の角膜の形状で検査を行うために、コンタクトレンズの未装用期間が必要となります。

角膜についたレンズの影響は、コンタクトレンズを外すとすぐになくなるものではなく、一定期間コンタクトレンズを外していただくことで、ゆっくりと元の状態に戻ります。また、上記期間は、あくまでも平均的な目安となり、角膜が本来の形状に戻るまで個人差がありますので、1日でも長くコンタクトレンズの使用を中止してからの来院をお奨め致します。検査の際にコンタクトレンズの影響が残っている場合は、再度、検査をお願いすることとなります。

近視用、乱視用ソフトコンタクトレンズをご使用中の方

3日以上外していただいた状態で検査へお越しください。

ハードコンタクトレンズ、連続装用ソフトコンタクトレンズ※をご使用中の方

2週間以上外していただいた状態で検査へお越しください。

※連続装用とは、夜眠っている間もレンズをつけたままにしておく装用法