お問い合わせ(毎週火曜・年末年始休業)0120-049-03510:30~19:00(日・祝 10:30~18:00)

レーシック手術後のハロー・グレアとはどのような症状ですか?

よくある質問

レーシック手術後のハロー・グレアとは
レーシック手術後のハロー・グレアとはどのような症状ですか?

夜間に光がにじんで見える現象をハロー、眩しく見える症状をグレアと呼びます。

これらの症状は、夜間、光を多く取り入れるために瞳孔が開くことが関係しています。

昼間のうちは明るいので、瞳孔は小さく、眼の中に入ってくる光は角膜のレーザーを照射した(矯正した)部分を通過して網膜に届きますが、瞳孔が大きい人の場合、夜間になるとさらに瞳孔が大きく開くため、角膜のレーザーを照射していない(矯正していない)部分を通過した光も、網膜に届くことがあります。

そのため、光がにじんで見えるたり、光がまぶしく見える、という症状を感じることがあります。特に、手術直後は手術前の見え方を脳が記憶していますので、ハロー・グレアを感じやすくはなりますが、徐々に慣れていくことがほとんどです。

一方で、症状の出方には個人差があり、光に敏感であるかどうかも関係していると考えられています。そのため、瞳孔がレーザーの範囲より大きくても全くハロー・グレアの症状が気にならない方もいらっしゃいます。

ハローとグレアの発生については、適応検査時に暗いところで瞳孔がどの程度大きく開くかを調べる検査を行うことで、事前にある程度リスクについて予想することができます。)

また、アイレーシック®は、他の手術方法と比べレーザーを当てる範囲を大きく設定することができますので、ハロー・グレアの発生リスクを抑えることができ、手術後の調査では他の視力回復手術よりも4倍多くの方が、「夜間の視力が良くなった」と回答しています。(アメリカAMO社 社内資料)

アイレーシック®についてはこちら