感染症防止のための取り組みは行っていますか?

よくある質問

感染症防止の取り組み
感染症防止のための取り組みは行っていますか?

医療機関として、感染対策は重要な課題です。

当院では院内感染を防止するために、「CDCガイドライン」という国際基準に準拠した取組みを行っております。

CDCとは、米国疾病対策センター(CDC:Centers for Disease Control and Prevention)の略で、 このセンターが感染対策に対するガイドラインを作成しています。

このガイドラインは、米国内だけではなく、欧州、日本でも国際基準として、導入がなされています。

実際に取り組んでいる内容としては、


  • オペ室内の環境管理(清掃)
  • 使用機器の滅菌
  • クリニック内の高頻度皮膚接触表面 (検査機器、ドアノブ等)のアルコール消毒
  • スタッフ、出入り業者への手指消毒の徹底
  • ペーパータオルの導入
  • 採血時グローブの着用
  • 安全装置付き採血針の導入
  • アルコール綿の単包化の導入

また、当院は入院施設ではなく、手術直後にはお客様それぞれの生活にお戻りいただくため、院内だけではなく、院外での生活指導・投薬(点眼)指導を重要視し、手術直後のお客様への感染対策指導にも力を入れています。