眼の雑学

眼の雑学

  • 老眼は諦めるしかない?最新の老眼治療と予防策

    物忘れがひどくなった、疲れやすくなったなど、歳をとったと感じる症状の1つとして代表的なのが「老眼」です。老化現象は仕方ないものだとわかっていても、自覚症状が出てくるとやはり悲しいものですよね。これまでは、老眼鏡をかける方法しかありませんでしたが、日々、医療技術は発展しています。ここでは、最新の老眼治療についてご紹介します。

  • 視力矯正手術「ICL」とは?治療の流れと費用について

    近年話題となっているレーシックに並ぶ視力矯正治療の1つ「ICL(眼内永久コンタクトレンズ)」。このICLとは一体どのようなものなのか、また、費用やメリット・デメリットなどと併せて、まとめてご紹介します。

  • ディオプターとは

    コンタクトレンズのケースに「-3.50」といった数値が書かれているのを見て疑問に思ったことはないでしょうか。これが、近視度数を表わす「ディオプター」です。

  • 眼の仕組み

    眼はとても重要な感覚器官の一つ。私たちは見るという行為から多くの外部情報を取り入れています。では、どのような仕組みで人は物を見ているのでしょう。

  • コンタクトレンズの危険性

    内皮細胞の数は加齢とともに減少します。またコンタクトレンズの装用によっても減少します。とくに、長期間装用した場合やレンズのケアが不適切な場合、酸素が細胞へ十分に行き届かず、内皮細胞の数が大きく減少する可能性があります。

  • レーシックと角膜の関係

    角膜は、縦10mm、横11mm、厚さ0.5~0.6mm程の透明なドーム状の膜で、水晶体と虹彩(こうさい)を覆う形で存在しています。

  • 眼の色の秘密

    眼の色は人種によって異なります。最も暗い色はダークブラウンで、日本人の大半がダークブラウンです。最も明るい色はライトブルーで、北ヨーロッパの人に多く見られます。

  • 虹彩認証と虹彩解析

    虹彩は、現在、さまざまな面で研究され応用されています

  • 自然災害と裸眼視力

    多くの方の「眼」は、緊急時に対応する準備ができていないのではないでしょうか。