Aegean Cornea 2010年のページです。お客様に最適な視力回復手術探しを全力でサポートいたします。" /> Aegean Cornea 2010年,レーシック,ICL,視力回復,神戸神奈川アイクリニック" /> Aegean Cornea 2010年 | 【公式】神戸神奈川アイクリニック(レーシック、ICL、白内障治療、老眼治療、オルソケラトロジー)" /> Aegean Cornea 2010年のページです。お客様に最適な視力回復手術探しを全力でサポートいたします。" />

Aegean Cornea 2010年

用語集

Aegean Cornea 2010年

ギリシャの南でエーゲ海に浮かぶ最大の島(クレタ島)でAegean Cornea2010学会が開催されました。本学会は今年で10回目、さらに2010年はレーシックが始まって20年のため、20/10(※)とかけたアニバーサリー祭の年でした。屈折矯正手術の歴史を振り返ることと、レーシックをこれまで導いたパリカリス博士(Dr. Ioannis Pallikaris、現クレタ大学長)に再会することが目的でした。

学会で講演されたのはパリカリス博士以外に、バインダー先生(Perry S.Binder)、マクドナルド先生(Marguerite McDonald)シャルホーン先生(Steve Schallhorn)など権威ある先生でした。

※20/10は、日本の視力2.0に相当する欧米で用いられている視力表記です。分数で表すため20/20は日本での視力1.0、20/40だと視力0.5になります。

クレタ島

クレタ島はヨーロッパにおける最初の文明のひとつであるミノア文明が栄えたところでもあり、紀元前3000年(どんなアンチエイジングしても無理...)にはすでにここに文明があったようです。

レーシックの歴史(手術方法が確立されるまで)

レーシックの考案者  パリカリス博士 レーシックの考案者
パリカリス博士

日本では2000年に厚生労働省によりレーシックの承認がおり、そこから普及が始まりましたが、そのさらに10年も前から実はレーシックは行われていました。

1987年にDr. Theo Seilerが最初に行ったPRK(神戸神奈川アイクリニックでも実施)は、手術後の成績は非常に良い手術方法でした。しかし最初にいくつか問題点を抱えていたため、ギリシャのパリカリス博士はさらに驚くほど視力回復が早く、手術後も透明な角膜を保つことができる手術方法を開発していました。

1990年、初めて人の眼でこの手術が行われ、 1995年に世界で最も認可が厳しいといわれるアメリカの FDA(日本の厚生労働省にあたる)がレーシックを許可しました。そして現在では多くの眼科医がこの手術を屈折矯正の第一選択とするまでに至ったのです。 日本においても日本眼科学会でレーシックについてガイドラインが定められ、安全な手術方法として確立されています。

学会印象記

本学会で報告された最新の治療について、ほんの一部をご紹介します。

縫合しない表層角膜移植(Sutureless FALK)

イントラレース(神戸神奈川アイクリニック全院使用)の利点は、他のフェムトセカンドレーザーと比較しても、正確な厚みで角膜片が作成できるという点にあります。 この技術を表層角膜移植に応用した報告がありました。通常の角膜移植は移植片に糸を用いてレシピエントの角膜に縫合しますが、イントラレースを用いると縫合しなくとも移植成績は安定するという報告をマイアミ大のSonia H.Yoo医師が発表しました。

新しい眼内レンズの素材(光反応性)

白内障で使用する眼内レンズに、ある種のポリマー重合体を配合させることで、光の反応によって変化して屈折を2Dくらい調節が可能(ドイツデーター)という非常に興味深い眼内レンズの報告がありました。

番外編1 学会後、イギリスに渡り、スコットランド南西部のグラスゴーへ

  • 写真左) グラスゴー大学は、英語圏最古の大学の一つでいわゆる名門校です。写真(左)のように、宮崎駿のアニメに登場しそうな素敵な建築物が立ち並び、特に中庭のつくりは素晴らしいと思いました。
    グラスゴー大学の出身者としては、国富論のアダムスミスや電気を発明した父ジェームスワットがいます。
  • 写真右) この木なんの木?気になる木。大学の構内で見つけたサボテン(?) この木がなんの木か分かる方、ぜひ教えてください!

番外編2 全英オープン

7月15日から18日までの4日間に渡り、スコットランド東部にあるセントアンドリュースのオールドコースで開催された、全英オープンに行ってきました。 一部ですが本場を観戦することができました。

左側の写真が、名門ホールです。素晴らしい...選手の写真は撮影できなかったので、私のゴルフスィングでお許しを...(失礼)詳細を知りたい方は診察時でも声をかけて下さいね!