ASCRSのページです。お客様に最適な視力回復手術探しを全力でサポートいたします。" /> ASCRS,レーシック,ICL,視力回復,神戸神奈川アイクリニック" /> ASCRS | 【公式】神戸神奈川アイクリニック(レーシック、ICL、白内障治療、老眼治療、オルソケラトロジー)" /> ASCRSのページです。お客様に最適な視力回復手術探しを全力でサポートいたします。" />

ASCRS

用語集

ASCRS

白内障手術、近視矯正、老眼矯正、緑内障手術などでは世界最大の眼科学会ASCRSですが、2009年はアメリカ・サンフランシスコで開催されました。高級デパートや老舗ホテルが立ち並んでいることで有名なユニオンスクエアのすぐ近くに位置するモスコンセンターがメイン会場となりました。

アメリカ・サンフランシスコの写真

発表演題: Early Results of conductive keratoplasty to Treat Presbyopia

老眼治療の一つであるニアビジョンシーケー(NearVision CK)は、角膜の外周にラジオ波をあてることで、角膜外周のコラーゲン組織を熱の力で収縮させます。こうすることで角膜の中心に触れることなく、近くの視力を向上させる治療です。

2年前までは、瞳孔中心を軸に同心円上7ミリ8スポットで治療を行っていましたが、この方法では治療後6ヶ月の治療効果の変化を追ったデータから、術後から比較的早い時期にニアビジョンシーケー(NearVision CK)効果の低下がみられることが分かりました。さらに、ニアビジョンシーケー(NearVision CK)の効果の改善方法について、中心角膜厚やスポットの数など、 治療結果の予測を立てることについて言及しました。

等価球面度数の経時変化のグラフ

左のグラフから、8スポットでは効果が弱いことがグラフから分かります。現在神戸神奈川アイクリニックでは、ニアビジョンシーケー(NearVision CK)の効果(コラーゲンベルトの効果維持)を考え、テンプレートを用いた16スポットで治療を行うことで、より高い精度の治療成績を得ています。

サンフランシスコの写真

アメリカ・サンフランシスコの写真
  • 写真左)サンフランシスコと言えば、ケーブルカー!!
    1873年開業の世界最古のケーブルカーと言われ、街中には、写真のようなケーブルカーがベルを鳴らしながら 颯爽とダウンタウンとフィシャーマンズワーフを走ります。バスのステップに乗客が乗っているところが、アメリカならでは!ですね。日本ならすぐに捕まってしまいます・・・。
  • 写真右)夕刻のフィッシャーマンズ・ワーフ。
    フィッシャーマンズ・ワーフは、イタリア人漁師の船着場として栄えた場所で、ピア39という桟橋にあります。当時の船着場の賑わいがそのまま伝わってくるような各種ショップ、レストランが並んでいる場所です。