ASCRSのページです。お客様に最適な視力回復手術探しを全力でサポートいたします。" /> ASCRS,レーシック,ICL,視力回復,神戸神奈川アイクリニック" /> ASCRS | 【公式】神戸神奈川アイクリニック(レーシック、ICL、白内障治療、老眼治療、オルソケラトロジー)" /> ASCRSのページです。お客様に最適な視力回復手術探しを全力でサポートいたします。" />

ASCRS

用語集

ASCRS

ASCRSは、白内障手術、近視矯正、老眼矯正など屈折矯正手術方面では、世界最大の眼科学会です。

2008年は、アメリカのシカゴで4月3日から9日まで開催されました。シカゴは米国の中央より北東に位置するイリノイ州にあります。街の東側にはアメリカ五大湖のひとつであるミシガン湖が広がります。

発表演題:Comparison of the Epi-Enhancement Outcome with Manual Removal and Thransepithelial Laser Ablation

エピレーシックで手術を行った患者様が再手術を受けなければならないときがありますが、その再手術でエピケラトームを使用するのは危険だとされています。これまでエピレーシックの再手術には、PTKレーザーを用いていましたが、神戸神奈川アイクリニックでは手動で上皮を除去するほうが術後成績が良好で安全であると世界で初めて報告しました。

PTKレーザーと手動の比較のグラフ

この研究を行った理由として一度エピレーシックで剥離した角膜上皮は、本来の上皮よりも厚く、ムラがあることが経験的にわかりました。

本研究での再々手術のリスクは、PTKレーザーを照射して行う再手術の場合、11.4%だったと高い数値でした。本研究結果から、PTKレーザーでの再手術に比べ、手動による再手術のほうが安全で良好な視力が得られました(右グラフ参照)。

シカゴと言えばジャズ発症の地!

シカゴでの写真

深夜まで続くあるジャズバーの門番であまりの胸板の厚さに惚れて、一緒にTake a picture!をお願いしました。
夜遅いと歩くのは怖くなりますが、本当に街のあちこちで音楽が奏でている町でした!