ESCRS Winterのページです。お客様に最適な視力回復手術探しを全力でサポートいたします。" /> ESCRS Winter,レーシック,ICL,視力回復,神戸神奈川アイクリニック" /> ESCRS Winter | 【公式】神戸神奈川アイクリニック(レーシック、ICL、白内障治療、老眼治療、オルソケラトロジー)" /> ESCRS Winterのページです。お客様に最適な視力回復手術探しを全力でサポートいたします。" />

ESCRS Winter

用語集

ESCRS Winter

ヨーロッパ白内障屈折矯正手術学会ESCRSは角膜・水晶体の手術が中心の学会で、レーシック業界において最先端の会議のひとつです。

冬に開催されるESCRSは毎年2月に開催されますが、2008年はスペイン・バルセロナで開催されました。

発表演題:The experience of M2SU90

Moria M2 evolution マイクロケラトーム(フランス) Moria M2 evolution マイクロケラトーム(フランス)

モリア社のマイクロケラトームの90Headを使用して手術を行った123眼を対象に、実際にできた角膜フラップの厚みを測定した研究発表を行いました。
-7D以上の強度近視や角膜が薄い場合は、フラップが厚いとレーシックができないため、約90μ(90ヘッド)を目標に薄いフラップを作成しました。

フラップの精度を調査することは、レーシックのリスクを減らしながら適正なノモグラムを使う点で、非常に大切なことだと考えています。
調査報告とともに、他クリニックの臨床結果などを踏まえて様々な意見交換をしてきました。

※現在、神戸神奈川アイクリニックではコンピューター制御により正確な厚みでフラップを作成できる最新のイントラレース(intraLase)を導入して手術を行っています。

世界遺産のガウディの作品

バルセロナには、ユネスコの世界遺産に指定されている「グエル邸」「グエル公園」「カサ・ミラ」があります。
これらのアントニオ・ガウディの建築物は築100年ちょっとですが、世界遺産に指定されたのには驚きであり、これはいかにガウディが偉大であったか、ということを物語っているのではないでしょうか。

グエル公園にあるトカゲの水道の写真

グエル公園にあるトカゲの水道。
色鮮やかな破砕タイルで作られています。

サクラダファミリアの写真

サクラダファミリア

幾何学的構造をした屋上の写真

幾何学的構造をした屋上の写真

荘厳なカサ・ミラや、サグラダファミリアに見られる波打つ壁や屋根は、コストと耐久性を考慮した上の形状だそうです。