ESCRSのページです。お客様に最適な視力回復手術探しを全力でサポートいたします。" /> ESCRS,レーシック,ICL,視力回復,神戸神奈川アイクリニック" /> ESCRS | 【公式】神戸神奈川アイクリニック(レーシック、ICL、白内障治療、老眼治療、オルソケラトロジー)" /> ESCRSのページです。お客様に最適な視力回復手術探しを全力でサポートいたします。" />

ESCRS

用語集

ESCRS
会場での写真

ヨーロッパ白内障屈折矯正手術学会ESCRSは角膜・水晶体の手術が中心となる学会で、自分にとってレーシックの最先端の勉強する場と思います。 2007年の9月の学会は、スウェーデンの首都、ストックホルムで開催されました。

発表演題: How to deal with EPI-Flap when doing enhancement after EPI-LASIK?

エピレーシックの再手術は、エピケラトームを再使用できないのでこれまでPTKレーザーで角膜上皮を剥離するか、アルコールを使うか(LASEK) で行われてきました。より安全で正確な結果が得られる再手術の方法について報告してきました。

MQAの写真 上皮を除去するのに使用する器具(左)MQA
ゴルフ刀の写真 上皮を除去するのに使用する器具(右)ゴルフ刀
展示ブースでの写真 Moria社(フランス)の展示ブース

この発表はE-Posterでの報告以外に、マイクロケラトームの最大手であるMoria社(フランス)の展示ブースでも発表をしました。またちょうどこの時期は表面照射の重要性について見直されたときでもあって、多数のエピレーシックについて海外の意見もありました。大変有意義な学会となりました。

ストックホルムの風景

ストックホルムの写真
  • 写真左)誰しも一度は目にしたことがある【考える人】のストックホルム版
    ※作者のロダン(オーギュスト=ルネ・ロダン)はフランス人です。
  • 写真中、右)ストックホルムは、スウェーデンの首都で、美しくて活気があり、港町と国際都市の香りが漂う都市です。ご覧のように、いたるところに絵になるような風景があります。

これも芸術!?ストックホルムの街中で見かけた面白い芸術品

ストックホルムの街中で見かけた面白い芸術品の写真
  • 写真左)ハンガーでできたオブジェ
    沢山のハンガーが逆さまに吊るされています。
  • 写真右)洋品店のウィンドウ
    なんと、ワニとカッパのマネキンがおしゃれなスーツを着て新聞を読んでいます。新聞記事の写真もカッパさんです。
    日本ではあまり見かけない光景です。ちなみにスウェーデン語でもカッパは「Kappa」だそうです。

スウェーデンといえば、ノーベル賞

ノーベル博物館の写真

スウェーデンと言えば、ノーベル賞の授賞式が行われる町です・・・ということで、ノーベル博物館行ってきました!

ガムラスタンの大広場にあるNobel Museumはノーベル賞関係の展示品がある博物館。歴代受賞者に関するビデオや写真の数々が展示がされています。

頑張れニッポン