飛蚊症

用語集

飛蚊症

ほとんどは、硝子体(眼の中のゲル状の組織)が加齢によって収縮し、網膜から剥がれることによる。
『黒い点が浮いて見える...』などという訴えが多い。
蚊が飛んでいるようにも見えることから、飛蚊症と呼ばれている。