膠原病

用語集

膠原病

体の中の血液中の抗体が自分の細胞に反応して色々な臓器に炎症を起してしまう病気です。発症し、ステロイド投与して軽快後、再燃して徐々に慢性化してしまう恐れがあります。眼科学的にはシェーグレン症候群やベーチェット病といづれも視力障害(失明の危険性も否めない)をきたす病気ですので、総合病院(内科、眼科、神経科)などの全てを備え持った施設での治療が望ましいと思われます。