高次収差

用語集

高次収差

モノを認識するにあたり、様々な光線が角膜を通過し、一点に集まり像として認識します。
しかし、レンズの表面に凹凸があると光線の集まる位置がずれます。この光線のずれを収差と呼びます。
高次収差とは、眼鏡やコンタクトレンズで矯正できない微細な角膜のゆがみのことを指します。