ジオプター

用語集

ジオプター

○Dと表示され、近視、遠視、乱視の度数の強さを示す単位。
マイナス表示は、近視(例 -5D)プラス表示は、遠視(例 +5D)乱視の場合は、通常マイナス表示と歪み方向をもって表記(例 -2D Ax 10°)近視の場合、-3Dまでは軽度近視、-6Dまでが中度近視、-10Dまでが強度近視 -10D以上を最強度近視と呼ぶ。