スマホ老眼

用語集

スマホ老眼
スマートフォンの長時間利用によって、若い世代でも起こる老眼のような症状のこと。 長時間、スマートフォンを使用することで目の筋肉が疲労し、目のピント調節能力が低下を招き、遠くのものを見ようとした時にぼやけてしまったり、症状が進むと近くのものも見えづらくなります。

・スマホ老眼と通常の老眼との違い

通常の老眼は、加齢によって眼の調整機能が衰え、近くのものが見えづらくなるといった状態を指します。しかし、スマホ老眼は眼の筋肉が緊張する状態が続き、一時的にピント調節が利かなくなるという症状なので、一般的な老眼とスマホ老眼は実際には別のものとなります。