遠近両用白内障手術

術式メニュー | 遠近両用白内障手術

厚生労働省が認めたより安全性の高いレーシックを
受けたい方におすすめの術式です。

遠近両用白内障手術術式概要
料金

ファインビジョン

  • 乱視なし両眼108万円(税込)
  • 乱視あり両眼+10万円(税込)

テクニスマルチフォーカル 先進医療対応レンズ

  • 乱視なし両眼88万円(税込)

SBL-3

  • 乱視なし両眼78万円(税込)
保証期間 3年間
※保証期間内のレーシックによる追加矯正は無料です。
定期検診 手術翌日、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後
手術後の見え方のイメージ

手術後の見え方のイメージ

2焦点レンズを使用した場合は、手術後は遠くも近くも見えるようになります。
3焦点レンズを使用した場合は、遠くと近くに加えて、「パソコンの画面」「お料理をする時の手元」といった中間距離にもピントが合い、見えるようになります。
※辞書のような非常に細かい文字を見るときや長時間の読書では、老眼鏡が必要になります。

  • 老眼鏡を使う頻度を軽減させたい方
  • 白内障と同時に老眼を治療したい方
Point01

老眼も治療できる白内障手術

従来の白内障手術で使用するレンズは、単焦点(ピントがひとつ)のため、手術後、遠くは見えるものの、近くを見るときは老眼鏡が必要でした。
「遠近両用白内障手術」で使用するレンズは、多焦点(ピントが複数)のため、手術後は遠くも近くも見えるようになり、白内障だけでなく老眼も治療可能です。
手術方法は、従来の白内障手術とまったく同じですから、経験豊富な眼科専門医が行えば安全性が非常に高い手術と言えます。

老眼も治療できる白内障手術

Point02

遠近両用白内障手術では国内症例数トップクラス

「遠近両用白内障手術」における症例数は国内トップクラスを誇ります。当院では、レーシックなどのレーザーによる視力回復手術の経験のみならず、白内障手術や緑内障手術の経験も豊富に積んだ眼科専門医が執刀を行います。高度な医療技術が要求される「遠近両用白内障手術」は、国内トップクラスの症例数を誇る当院にお任せください。

Point03

先端治療!レーザーによる乱視矯正が可能に

乱視がある方でも、手術後に良好な視力を得られるよう、乱視の度数によって2種類の乱視矯正を用意しております。従来の白内障手術では、角膜の一部をメスで切開して乱視を矯正していましたが、当院はレーザーで行います。レーザーなら角膜表面を切開することなく、安全かつ精度の高い乱視矯正が可能です。また、乱視の強い方には、乱視用の多焦点眼内レンズをオススメしております。
※当院で乱視矯正に使用しているレーザーは、厚生労働省認可の機器を使用しております。

老眼鏡がほぼ不要になる!遠く、近く、中間距離の3点に焦点が合う多焦点眼内レンズ ファインビジョン

遠近両用白内障手術の眼内レンズ

一人ひとりの眼の状態や、ご希望の見え方、ライフスタイルを考慮して、使用する眼内レンズを選択しています。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

レンズ外観 レンズ外観 レンズ外観 レンズ外観
名称 ファインビジョン テクニスマルチフォーカル SBL-3
製造元 PhysIOL社
(ベルギー)
AMO社
(アメリカ)
Lenstec社
(アメリカ)
乱視矯正 あり なし なし
焦点の数 3焦点(遠中近) 2焦点(遠近) 2焦点(遠中)
遠く
中間
近く
夜間視力
おすすめ
  • できるだけ老眼鏡をかけたくない方
  • 遠く、中間、近くのすべての見え方にこだわる方
  • 乱視の強い方
  • 近くの見え方が重要な方
  • 夜間運転を行わない方
  • 近くより中間距離の見え方が重要な方

レーザーによる白内障手術について

レーザーによる白内障手術は、発展途上の技術であり、アメリカのFDAや厚生労働省の認可が下りていないため、現在は導入しておりません。

レーザーによる白内障手術では、すべての手術行程をレーザーで行うものではなく、従来の白内障手術で医師が繊細な手術器具を使用して行っていた作業の一部分をレーザーで行うものです。白内障を除去する部分は、従来どおり超音波を使用します。

そこで、本当にレーザーが必要か!?という疑問は白内障手術に熟練した執刀医ほど感じている現状があります。従来の白内障手術は約5~10分で終了しますが、レーザー白内障手術ではその倍近くの時間がかかるでしょう。

当院で白内障手術を執刀する医師は、これまでに数千件~数万件の白内障手術の経験と熟練した技術を持っています。

レーザーによる白内障手術が、熟練した医師の技術を超えたと判断されたとき、当院にもすぐに導入することになると思いますが、現状では慎重に導入の時期をうかがっている段階です。